【エヴァンゲリオン序破Q】碇シンジの母親がいないのはなぜ?初号機の暴走についても

アニメ

1995年から1996年にTVアニメシリーズが放送され、未だに人気と新作の公開が続く「新世紀エヴァンゲリオン」。

2021年には、最終作となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」」が公開される予定で、シリーズとして、どのようなクライマックスを迎えるのか注目されています。

新劇場版では、主人公の碇シンジ、そしてシンジ君の父親である碇ゲンドウは登場しますが、母親は登場していません。

なぜ母親がいなかったのでしょうか?

また、初号機が暴走したことと母親にはある関わりがあると言われています。

そこで今回は、「新劇場版エヴァンゲリオン」でシンジの母親がいない理由や初号機の暴走について解説していきます!


【エヴァンゲリオン】碇シンジの母親がいないのはなぜ?

シンジの母親の正体は?

主人公・碇シンジの母親の名前は「碇ユイ」

実は「エヴァンゲリオン」の物語に置いて、鍵を握る最重要人物の一人であり、碇シンジが乗るエヴァンゲリオン初号機のコアにLCLとして魂が組み込また人物でもあります

碇ユイは「ゲヒルン」という「ネルフ」が立ち上げられる前の研究所で、ゲンドウと共に優秀な研究者として働いており、ユイとゲンドウは恋仲になります。

また、赤城リツコの母親・赤城ナオコ達と、サードインパクトを防ぐために、エヴァの研究を行っていて、最終段階にまでこぎつけることに成功。

そこで、エヴァに搭乗するところを息子シンジにも見せたくて研究所へと連れていきます。

しかし、実験が開始されしばらくすると警告音が鳴り響き、碇ユイは息子シンジの目の前でエヴァの中から忽然と姿を消してしまうのです。

ユイの肉体がLCL化してしまい、彼女の体は消失、彼女の魂のみを残すこととなったのです。

ゲンドウも予想外という形で動揺を隠すことができず、ユイを本当に愛し、相思相愛の仲でいたため、碇ゲンドウはこのことをきっかけに精神が崩壊していくことになります。

碇ユイの消失後、ゲンドウは「人類補完計画」をゼーレに提案。

「死んだユイにもう一度逢うこと」を目的としてユイを引き戻すことを試みるのですが、ユイは初号機に留まることを選択したため、ゲンドウの計画は失敗することとなったのです。

碇ユイが初号機に残った理由

エヴァの搭乗実験中にLCL化して、魂として初号機に止まることを決意した碇ユイ。

彼女が初号機に魂として残った理由は「“生きた証を永遠に残す”という目的のため」。

エヴァンゲリオン初号機にのる息子・シンジを守り、“生きた証を永遠に残す”という目的からエヴァンゲリオンのコアに魂を宿した碇ユイ。

ユイは常に“生きた証を残す”ということを第一の目的としており、実験によって初号機に取り込まれる形となりましたが、初号機の中でずっと生き続けていたのです。

作中で人が生きた証を残すということを第一に考えていたユイは、

「どんな場所でも自らが選択したところならそこは天国になる」

と話しています。

彼女は、エヴァの中でも生き続けられるという自信もあったのです。

しかし、それを他者に強要する考えはなく、自分の未来は自分で切り開くという考えさえあればどこで生き続けても良いとすら思っていました。

そのためシンジが初号機に取り込まれた時も自らの選択で決めなさいという感じで、サルベージ計画が行われた時にここに留まるのか?それとも現実に還るのか?を選択させていました。

その結果、シンジはかえることを選んで肉体は戻ることになります。

ユイはある意味初号機の中でどの世界を選ぶのかという番人のような感じになっています。

エヴァのパイロットが子供である理由

エヴァシリーズに搭乗する条件として母親のいない14歳の子供というものがあります。

その理由は、搭乗するエヴァのコアには、母親のLCLが組み込まれているから。

ちなみにこのエヴァに組み込まれているLCLについては設定はなく、搭乗するパイロット(子供)の母親である必要はないようです。

ただ、シンジが乗った初号機のコアにはシンジの母親のLCLが組み込まれていたため、他のパイロットと比べ、エヴァと深くシンクロすることが可能になったのだと考えられます。

ちなみに、碇シンジ達が勉強していたクラスはエヴァンゲリオンパイロット候補生が集まったクラスで、在籍している生徒全員に母親がいないものとなっています。

【エヴァンゲリオン】 初号機の暴走は母親の影響?

エヴァのコアLCLとして組み込まれている母親の魂。

これにより、パイロットはエヴァとシンクロすることができるようになるわけですが、これには欠点があります。

特にエヴァの中でも初号機だけが見せる特別な状態として描かれているのが「エヴァの暴走」

シンジが追い込まれ、身に危険が迫ったときにコアが反応して暴走状態になってしまいます。

この暴走はシンジの意思には関係なく動き出し、口が大きく開いて獣のような咆哮を上げるとともに野性的なスタイルで圧倒的な戦闘力を発揮。

ただ、この暴走はメリットばかりではなく、エヴァからパイロットが戻れなくなる危険性もあります。

アニメ版ではシンクロ率の急上昇、新劇場版ではエントリープラグ深部への到達が見られました。

初号機だけでこのような反応が見られたことについては、やはりエヴァ初号機のコアにシンジの母親の魂が宿っていることが関係しているのではないかと考えられます。

息子を守るために咄嗟に母親の魂がエヴァの肉体に呼びかけ、暴走させたと考えるのが妥当でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、「新劇場版エヴァンゲリオン」でシンジの母親がいない理由や初号機の暴走について解説しました!

シンジの母親は、シンジが乗るエヴァンゲリオン初号機のコアにLCLとして魂が組み込まれていたんですね。

だからこそ、シンジを守るような暴走や驚異的なシンクロ率を見せていたんですね。

また「エヴァンゲリオン」シリーズはアニメや劇場版もあり、

  • 「新世紀エヴァンゲリオン」
  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序・破・Q」
  • 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2」
  • 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」

などもあり、それぞれのシリーズが物語の伏線としても機能している部分があります。

今ならTSUTAYA TV/DISUCASでこれらの作品に加え、庵野秀明さんの「ふしぎの海のナディア」なども実質無料で視聴することができるので、気になる方は登録してみて見てはいかがでしょうか?

「エヴァンゲリオン」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【エヴァンゲリオン破】アスカは死亡した?精神汚染の意味や叫び声の正体についても

>>【エヴァンゲリオン破】アスカの名前が変わった理由や意味は?変更した理由についても

>>【エヴァンゲリオン破】終わり方や天使の輪の意味とは?バラルの扉との関係性についても

>>【エヴァンゲリオン序】ヤシマ作戦とは?bgmの音楽についても

>>【エヴァンゲリオン序】最初の海が赤いのはなぜ?白線の巨人についても

>>【エヴァンゲリオン序破Q】渚カヲルは転生している?最後の月面の棺桶や巨人の正体についても

>>【エヴァンゲリオン】マリの正体や機体は?年齢や声優についても

>>【エヴァンゲリオン】”逃げちゃダメだ”の回数や意味は?漫画との違いについても

 

『エヴァンゲリオン』シリーズを「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は次の手順で無料視聴することができます!

『エヴァンゲリオン』シリーズを無料視聴する方法

 

TSUTAY TV/DISCUSの無料トライアルに登録!

『エヴァンゲリオン』シリーズを無料で借り放題!

他の作品もポイントを利用して無料で視聴する!

30日間以内に解約で料金は”タダ”

 

\『エヴァンゲリオン』シリーズを無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
TSUTAYA TV
30日間無料
1,026円/月

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAY TV/DISCUSの登録方法はこちら

>>TSUTAY TV/DISCUSに登録する方法!

TSUTAY TV/DISCUSの解約方法はこちら

>>TSUTAY TV/DISCUSに解約する方法!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました