【エヴァンゲリオン破】アスカの名前が変わった理由や意味は?変更した理由についても

アニメ

1995年から1996年にTVアニメシリーズが放送され、未だに人気と新作の公開が続く「新世紀エヴァンゲリオン」。

2021年には、最終作となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」」が公開される予定で、シリーズとして、どのようなクライマックスを迎えるのか注目されています。

アニメ版と劇場版でも登場しているセカンドチルドレンの”アスカ”

彼女の名前は、アニメ版では”惣流”となっていますが、劇場版では”式波”と名前の一部が変わっていました。

同じキャラなのに、名前が違うのはなぜなのでしょうか?

そこで今回は「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する”アスカ”の名前がアニメ版と劇場版で変わった理由について解説していきます!


【エヴァンゲリオン】アスカの名前が変わった理由は?

名前が変わったのはキャラクター設定が変わったから

アニメ版では「惣流」となっていましたが劇場版では「式波」となっていたアスカ。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

惣流・アスカ・ラングレーはエヴァンゲリオン弐号機のパイロットで優秀な帰国子女という設定です。

【惣流・アスカ・ラングレー】

アニメ版の惣流・アスカ・ラングレーの性格は、勝ち気で負けず嫌い、異常なまでにプライドが高く、自意識過剰ぎみな所があります。

アスカは幼少時、EVA接触実験の失敗の後遺症で精神を病んだことで、人形を娘と思いこみ自分を全く見てくれなくなった母親を振り向かせようと努力を重ねます。

しかしその努力も報われることなく、母親は人形と一緒に自殺してしまい、それをきっかけに、自分で考え自分で生きることのできる強さを持った人間になる決意。

他人に見てもらえる自分になることで母から得られなかった承認欲求を満たそうとします。

そのため、評価されない・重要と見られない察すると見て分かるほど塞ぎ込み、精神的に自分を追い込み

「もう誰にも負けられない」「他人から必要とされる自分でなくてはならない」

という強迫観念にとらわれ、承認欲求と拒絶の入り混じった、心の闇と脆さと紙一重な傲慢かつ身勝手でプライドの高い性格が形成されることになるのです。

そういった奥深くに根差した真っ暗で真っ黒なものが彼女の成長を阻害し続けているため、内面的には色々な問題を抱える登場人物の中で最も幼い性格として描かれています。

【式波・アスカ・ラングレー】

勝気で尊大なところは旧作と同様ですが、惣流アスカが比較的社交的な性格だったのに対し、こちらは孤独を好み、いかなる時も排他的な態度を崩しません。

もっとも、惣流がその複雑な内面から、心の深層部分においては孤独に生きようとする一面を常に保ち続けていたのに対し、式波はそういった面があまりありません。

また、破において旧作通りのままでは物語上においてアスカの役割が無く「脇で騒いでいるキャラ」になってしまうことを懸念して3号機に乗せることになっています。

さらに旧作では「EVAとのシンクロ実験中の事故で母親が正気を失い、我が子と認識されなくなった」という悲惨な過去がありましたが、新劇場版では生い立ちや家族構成が一切語られておらず、詳細は不明。

ただ、劇中の独白シーンで「あたしをちゃんと見てくれる人は初めからいないし」というセリフから、決して恵まれた人生は歩んできたわけではないよう。

上記のように”惣流”と”式波”は基本的な性格は変わっていないように見えるものの、微妙な描写の違いがあります。

惣流の際には一貫してレイに冷たい態度をとっていましたが、式波のときには気遣いを見せる場面があります。

これには大きな理由があり、式波のアスカには家族、特に母親に対するトラウマがないという設定になっており、これが性格の違いに影響しています。

苗字が異なるということは、置かれていた家庭環境が違うということを端的に示しているのです。

アスカの”惣流”と”式波”の名前の由来

そもそもアスカの”惣流”という名前は、日本海軍第二航空戦隊の「蒼龍(そうりゅう)」という航空母艦からつけられた名前。

そして、キャラ設定を変更したことによる改名によって、同じく日本帝国軍の駆逐艦「敷浪(式波)」へ変更されました。

ちなみに、綾波レイの名前も大日本帝国軍の駆逐艦「綾波」から由来しています。

特型Ⅱ型(改吹雪型)の1番艦が綾波、敷浪が2番艦。

エヴァンゲリオンのパイロットの順番も綾波が1番目、式波(アスカ)が2番目ということでそういった点も関係性がありそうですね!

【エヴァンゲリオン破】アスカだけ設定が変更されたのはなぜ?

名前や設定が変更されたアスカですが、実はエヴァンゲリオンのパイロットで設定が変更されているのはアスカだけ。

そもそも姓を揃えるのではれば、新キャラのまりを除けば、変更されるのはレイでも良かったはず。

しかし、実際に姓を変更されたのはアスカで、アスカだけが変更されたのには明確な理由があると考えられます。

その理由と言われているのは、「「破」で旧作通りのままでは物語上においてアスカの役割が無く「脇で騒いでいるキャラ」になってしまうことを懸念したから」

アスカの設定を変更した理由について庵野監督は次のようにコメントしています。

鶴巻から「TV版のトウジを失ったときと同様のショックと喪失感をシンジ及び観客に与えねばなりません。そのためにはアスカを思い切って『良いキャラ』として描いてしまうことで、その喪失感を大きく見せたいと考えます」といった提案メモが来て、「うん。それはそうだよな」と。

主人公のシンジ、そして見ている視聴者にアニメ版同様のショックや喪失感を与えるために、アスカの設定を変更したのです。

劇場版とアニメ版で設定を同じままにしておくと、アスカがただのモブキャラとして扱われてしまうことを懸念し、監督は設定を変更したんですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する”アスカ”の名前がアニメ版と劇場版で変わった理由について解説しました!

”惣流”から”式波”へ名前を変更した理由については監督のさまざまな意図があってのことだったんですね!

また「エヴァンゲリオン」シリーズはアニメや劇場版もあり、

  • 「新世紀エヴァンゲリオン」
  • 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序・破・Q」
  • 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2」
  • 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」

などもあり、それぞれのシリーズが物語の伏線としても機能している部分があります。

今ならTSUTAYA TV/DISUCASでこれらの作品に加え、庵野秀明さんの「ふしぎの海のナディア」なども実質無料で視聴することができるので、気になる方は登録してみて見てはいかがでしょうか?

「エヴァンゲリオン」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【エヴァンゲリオン破】アスカは死亡した?精神汚染の意味や叫び声の正体についても

>>【エヴァンゲリオン破】終わり方や天使の輪の意味とは?バラルの扉との関係性についても

>>【エヴァンゲリオン序】ヤシマ作戦とは?bgmの音楽についても

>>【エヴァンゲリオン序】最初の海が赤いのはなぜ?白線の巨人についても

>>【エヴァンゲリオン序破Q】渚カヲルは転生している?最後の月面の棺桶や巨人の正体についても

>>【エヴァンゲリオン】マリの正体や機体は?年齢や声優についても

>>【エヴァンゲリオン】”逃げちゃダメだ”の回数や意味は?漫画との違いについても

 

『エヴァンゲリオン』シリーズを「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は次の手順で無料視聴することができます!

『エヴァンゲリオン』シリーズを無料視聴する方法

 

TSUTAY TV/DISCUSの無料トライアルに登録!

『エヴァンゲリオン』シリーズを無料で借り放題!

他の作品もポイントを利用して無料で視聴する!

30日間以内に解約で料金は”タダ”

 

\『エヴァンゲリオン』シリーズを無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
TSUTAYA TV
30日間無料
1,026円/月

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAY TV/DISCUSの登録方法はこちら

>>TSUTAY TV/DISCUSに登録する方法!

TSUTAY TV/DISCUSの解約方法はこちら

>>TSUTAY TV/DISCUSに解約する方法!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました