「ナイトミュージアム3」のエンドロールの言葉が泣ける!続編の可能性や過去作品についても

映画・アニメ
ナイトミュージアム3は”ナイトミュージアムシリーズ”の最終章となる作品です。

最終章ということもあり、感動するシーンも多く、
その中でも、エンドロールをみて涙を流したという人が続出しています。

今回はエンドロールで流れた言葉の意味とともに、なぜ泣けるのかについてご紹介していきます!

「ナイトミュージアム3」のエンドロールが泣ける理由とは?

ミッキー・ルーニーとロビン・ウィリアムズに捧ぐ -魔法は終わらない-

ナイトミュージアム3のエンドロールではこんな言葉が流れます。

ミッキールーニーとロビンウィリアムズに捧ぐ
魔法は終わらない

ロビン・ウィリアムズ、 ミッキー・ルーニーは、ともに映画公開前になくなってしまい、本作品が2人の遺作となっています。

2人とも、「ナイトミュージアム」シリーズでは主役ではないものの、作品中では重要な役割を担っており欠かせない存在でした。

Twitter上でもロビンやミッキーの演技が好きで、もう見られないのかと悲しむ声が多く挙がっていました。

また、最後にテディが自分が動かないと悟っていった台詞

「さらばだ友よ、笑いたまえ。日が昇るぞ。」

この台詞の後に、ロビン・ウィリアムズ、ミッキー・ルーニーへの言葉が流れるとなんだ、自分の命についても悟っていたかのような感覚になり、感動してしまいます。

エンドロールでこの文章が流れた時は、こういった別れのシーンを回想して
思わず涙ぐんでしまう人も多かったようですね。

続編の可能性があるのかについて

ミッキールーニーとロビンウィリアムズの死を悲しむ人も多い一方で”魔法は続く”という言葉から続編があるのではないか?といった意見も見られました。

これについて調べてみたところ、やはり、「ナイトミュージアム」シリーズについては今作が最後で続編の製作は今の所無いようです。

2人の過去作品について

ロビン・ウィリアムズの主な作品

ロビン・ウィリアムズは様々な作品に出演しており、大胆でハイテンションな演技でいつも楽しませてくれました。

ジュマンジ

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

アンドリューNDR114

ミッキー・ルーニーの主な作品

ミッキー・ルーニーはコメディ的な役柄や、悪役などを演じることが多く脇役ながらも個性的な役柄を演じていることが多かったようです。

ティファニーで朝食を

ベイブ/都会へ行く

まとめ

・エンドロールの言葉と、作中のシーンとがリンクして泣ける!
・ネット上でも、エンドロールをみて感動している人が多く、中には続編を期待する人もいた

2人の遺作となる「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」。ぜひ感動の演技を目に焼き付けてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

「ナイトミュージアム」について合わせて読みたい記事はこちら!

ナイトミュージアムのキャストについて

「ナイトミュージアム」の猿は本物かCGか?デクスター役の名前・種類と出演作品も

ナイトミュージアム3の女性警備員・ティリー役の女優や声優は誰?キャストへの評価についても

ナイトミュージアム3徳井の交代は?ランスロット吹き替え声優代役の可能性について

「ナイトミュージアム3」にヒュージャックマンがカメオ出演!登場シーンや評価についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました