「IT2/イット」リッチー役の子役俳優が可愛い!フィン・ヴォルフハルトのプロフィールや出演作についても

映画・アニメ

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」ではペニーワイズに立ち向かう少年たちのグループとして、ルーザーズクラブが登場します。

そのルーザークラブの中の1人にリッチー・トージアというキャラクターがおり、キャラクターやルックスなどから話題になっています。

今回はリッチー・トージア役の評判やプロフィールについてご紹介していきます!

「IT2/イット」リッチー役の俳優(子役)が可愛い!

リッチー・トージアとは?

ルーザーズクラブのメンバー1人で、マシンガントークが得意で下ネタが止まないお調子者なキャラクターです。
分厚く大きな黒縁メガネを着用していて、家族に歯科医の父とアルコール中毒の母と姉を持っています。

また、得意のマシンガントークから、ルーザーズクラブのメンバーからはたびたび、「減らず口」「黙れリッチー」等と呵責を受けています。

彼は基本的に主人公のビル・デンブロウに一番に続いて行動することが多く、作中でもビルとヒロイン・ベバリーとの会話の中で、夏祭りにリッチーと行った等と発言していることから、ルーザーズクラブの中でもビルとは親親友的関係にあるようです。

彼の恐怖の対象はピエロであり、作中でも自らピエロが苦手だと公言しているのにも関わらず、終盤でビルがペニーワイズに捕えられた時は、ビルに対して不平を言いつつも、一番にペニーワイズに立ち向かうなど、実は親友想いな一面があります。

勉強は得意でその頭の良さは成績表でオールAを獲得するほどの秀才な一面も持っています。

リッチーの可愛さについての声

https://twitter.com/mami_sugata0624/status/927077162326179840

 
 

Twitter上でリッチーについて調べてみると、やはり多かったのは
リッチーが可愛かったという声が多く挙がっていました。

また、リッチーの下ネタが面白いという声も多く、会話の8割が下ネタであったり マシンガントークでよく喋るキャラクターというのがウケているようですね!

今作品はホラーでありながらも、面白いといった声があがっているのも、
リッチーの面白さが加わったことによところが大きいですね!

 
 

フィン・ヴォルフハルトのプロフィールや出演作について

リッチー役・フィン・ヴォルフハルトのプロフィール

プロフィール

名前:フィン・ヴォルフハルト(Finn Wolfhard)
生年月日: 2002年12月23日
出身地:カナダ・バンクーバー
職業:俳優, 声優,ミュージシャン

フィン・ヴォルフハルトの主な出演作について

アダムス・ファミリー

こちらの作品では、アダムス家の長男でウェンズデーの弟・パグズリー・アダムス役の声を担当しています。

THE 100 ハンドレッド

こちらの作品は、地球上のほとんどの生命を絶滅させた核戦争の97年後の
宇宙ステーションで繰り広げられる主人公クラークたちの戦いの物語。
シリーズも現在6シリーズ目を迎えており、フィン・ヴォルフハルトはZoran役で出演しています。

スーパーナチュラル

主人公のディーンとサムのウィンチェスター兄弟がアメリカ合衆国各地を旅しつつ、悪霊、悪魔、怪物などを狩るといった内容のアクション・ホラー・サスペンス。
フィン・ヴォルフハルトはJordie Pinskyという役で出演しています。

ストレンジャー・シングス 未知の世界

超自然現象と超能力を研究する政府の研究所付近で不思議な出来事が続発し、
少年たちと超能力を持つ不思議な少女が邪悪な怪物と戦うというSF作品。
今作品では、作中で失踪した少年の友達、マイク・ウィーラー役として出演

まとめ

・リッチー役のィン・ヴォルフハルトは可愛いと評判!
・IT/イットの中では下ネタを連発するキャラとして面白いという声も多かった

続編も公開されたのでその後のリッチーの変貌ぶりにも注目したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました