【コナン異次元の狙撃手】世良”今のところはね”や”心臓に弾は当たらない”の意味は?

アニメ

2014年に公開された映画「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」

今作では”世良真純”というキャラクターが登場し、

「君の心臓に弾は当たらない」や「今のところはね」など意味深なセリフが所々見られました。

そこで今回は映画「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」の世良が言ったセリフの意味について解説していきます!


【名探偵コナン異次元の狙撃手】世良真純の”今のところはね”の意味は?

世良のセリフ(心の声)の今のところはね、というのは、そのうち自分が蘭とコナンの間に割って入るよという宣戦布告のような気がします。

そもそも世良真純とは?

新一や蘭の通う帝丹高校に転入してきた女子高生で、一人称は「ボク」

癖のある黒髪、赤井秀一によく似た目の下の隈、八重歯が特徴的で、服装や言動もボーイッシュなので、初対面の人間には男の子に間違われることもしばしば。

当初はアメリカからの帰国子女だと話していましたが、実はイギリスからの帰国子女であることが明らかになっています。

移動手段としてバイクを使っており、愛車はヤマハのXTXT400Eアルテシア。

ちなみにアルテシアのナンバーは『5-31』という設定で、これは日髙のり子さんの誕生日が5月31日であることに由来しています。

セリフには世良とコナンの過去が関係している?

コナンと世良は10年前にとあるビーチで出会っています。

ビーチでは、世良の兄・秀一と母親のメアリーが少し険悪なムードになっていました。

そんな状況を見た、世良はどうにかして秀一を笑わせようとしていたのですが、どんなに頑張っても秀一を笑顔にすることができません。

そんなとき、秀一の前にコナン(工藤新一)が現れ、コナンが秀一の正体を推理しはじめます。

コナンの推理と洞察力を面白いと感じた秀一は、声を出すほど大笑い。

真純がどんなに頑張っても笑顔にすることが出来なかったのに、コナンは2回も秀一から笑顔を引き出し、そのときから世良はコナンのことを「魔法使い」だと言っています。

そして、ファンの間では世良は工藤新一のことが好きなのではという噂も上がっているのです

”今のところはね”は世良がコナンを狙っている証拠?

異次元の狙撃手の最後のシーンでは、入院中の世良が蘭にこんな言葉はを投げかけていました。

「大丈夫だよ、蘭君のハートをスナイプできるのは彼(工藤新一)だけだからさ」。

そして、その後心の中で

「今のところはね」

とつぶやいていました。

この「今のところはね」は、”今のところ、蘭のハートを射止めるのは工藤新一だけ”という意味を表していたのではないか思います。

これまで新一と蘭は好き同士という描写はありますが、なんだかんだ言っても進展する様子がなく、この先どうなるかについてはわかりません。

世良は10年前に新一と出会ってから、ずっと新一のことが好きなようなので、コナンを自分の方に振り向かせたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

そう言ったことからも”今のところはね”には”今のところは蘭が新一をいとめてるけど、ボクも新一のことは渡さないよ”と蘭への宣戦布告的な意味合いも込められていたのかも知れませんね。

【名探偵コナン異次元の狙撃手】世良真純の”心臓に当たらない”の意味は?

”心臓に当たらない”の2つの意味とは?

劇中では、狙撃手の追跡を一緒に行った世良に対して、蘭から

「コナン君を危険な目に遭わせないでね」

と言われていました。

それに対して、世良は蘭に、

「コナン君の心臓にも君の心臓にも弾は当たらないよ」

と言って意味深なことを言って去っていきました。

園子はこのセリフに対して、「蘭の心臓に当たらない」というのは、蘭なら弾丸も空手で跳ね返すってことじゃない?という形で軽く返していました。

しかし、このセリフには2つの意味が込められています。

まず「コナン君の心臓にも」という部分は、このセリフは世良がコナンを絶対に守るということを意味しています。

上記でもお伝えしたように、世良はコナン(新一)のことが好きなようなので、自分の好きな人(新一)を死なせたくないという思いが込められていると考えられます。

また「君(蘭)の心臓にも弾は当たらないよ」という部分は、”コナンを守ること=蘭に危害は及ばない”ということを表しているのだと思います。

コナンはこれまで蘭の危機には命をかけて守る、そんな行動をしてきました。

そんなコナンを見てきた世良は、コナンを自分が守る(つまりコナンが生きている)なら、絶対にコナンは蘭を守るということを意味していたのだと考えられます。

また、この「君(蘭)の心臓にも弾は当たらないよ」という部分については、映画の終盤で”蘭は、新一に心臓(ハート)を既にスナイプされている”という意味も含まれていることが明らかになりました。

一見意味のわからないセリフでしたが、世良、コナン(新一)、蘭の関係性を端的に表した表現だったんですね!

”こいつ(ヘルメット)がなかったら即死だった”はシャアのオマージュ?

世良とコナンがバイクで犯人を追いかけ、港にたどり着いた際、犯人に見つかって銃撃されます。

犯人が撃った弾丸は世良のヘルメットに当たり、その衝撃で世良は倒れてしまいました。

そして、起き上がったときに、「こいつがなかったら即死だったよ」と言っていました。

実はこのセリフはガンダムのキャラクターとして有名なシャアの「ヘルメットがなければ即死だった」というセリフのオマージュ。

そもそも世良の名前の”真純”は、シャアの妹セイラ・マスが由来となっています。

そのため、関わりのあるシャアのセリフをオマージュして使用していたのです。

とても遊び心ある演出ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は映画「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」の世良が言ったセリフの意味について解説しました!

・世良真純の”今のところはね”の意味は、”今のところは蘭が新一をいとめてるけど、ボクも新一のことは渡さないよ”という世良の思いが込められている

・「コナン君の心臓にも君の心臓にも弾は当たらないよ」にはコナンを守る=コナンが蘭を守るという意味が込められている

・「こいつ(ヘルメット)がなかったら即死だった」はシャアのセリフのオマージュ

2021年公開の映画でも世良を含む赤井ファミリーが大活躍するはずなので、今後の活躍にも期待したいですね!

「名探偵コナン」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【コナン異次元の狙撃手】世良”今のところはね”や”心臓に弾は当たらない”の意味は?

>>【名探偵コナン異次元の狙撃手】ハンターが歩いてるって本当?そのシーンや声優についても

>>【名探偵コナン/異次元の狙撃手】モスキート音は本物?モスキート音はどこで活躍した?

>>【異次元の狙撃手】世良のベッドの膨らみは赤井秀一?領域外の妹との関係についても

>>【名探偵コナン異次元の狙撃手】ジェイムズと沖矢昴(赤井秀一)の関係は?黒幕説についても

>>【コナン異次元の狙撃手】蘭が強すぎでうざい?邪魔などの厳しめな声についても

>>名探偵コナン瞳の中の暗殺者の「知る必要はないこと」は実際に使われている?小田切警視庁の敬礼の意味についても

>>「ルパン三世VS名探偵コナン」に怪盗キッドが登場!2020年夏のルパンVSキッドについても

>>【名探偵コナン純黒の悪夢】ノックリストの意味とは?現実に実在するかや登場する諜報機関まとめ

 

『名探偵コナン』を「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は次の手順で無料視聴することができます!

『名探偵コナン』を無料視聴する方法

 

U-NEXTの無料トライアルに登録!

『名探偵コナン』を無料で見放題!

他の作品も無料で視聴する!

31日間以内に解約で料金は”タダ”

 

\この作品を無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

U-NEXTの登録方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで登録する方法!

U-NEXTの解約方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで解約する方法!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました