シグナル100のロケ地の学校はどこ?入場可能の噂や撮影風景についても

映画・アニメ

2019年1月24日に公開の映画「シグナル100」

担任教師・下部(しもべ)(中村獅童)に視聴覚室に呼び出された樫村怜奈(橋本環奈)ら36人は、突然、不気味な映像を見せられる。そこから壮絶なデスゲームへと発展していく。。。

学園モノということで、撮影では実際にある校舎を使用しての撮影となりました。

今回は、シグナル100のロケ地の学校と撮影風景についてご紹介していきます!

シグナル100のロケ地の学校はどこ?

ロケ地の学校は茨城県の山奥にある廃校

撮影されたロケ地は、茨城県常陸大宮市高部の山奥にある旧美和中学校。

2015年3月に廃校になった校舎で山奥にひっそりと佇む校舎です。

画像は2016年のものですが、非常に綺麗で、廃校にするにはもったいないくらいですね!

ロケ地の学校は入場可能?

水郡線 常陸大宮駅からバスで約40分ほど言ったところにある旧美和中学校

2016年には「KENPOKU ART 茨城県北芸術祭」の会場としても利用されており、

その際は、校舎の中にも入れたようで、開館時間や入場料はこのようになっていました。

開館時間 9:30-17:00(入場は16:30まで 無休)

住所   茨城県常陸大宮市高部454

入館料  ・一般:700円  ・学生・高齢者:500円

現在でも入場できるかについては有力な情報はありませんでした。

ただ、「KENPOKU ART 茨城県北芸術祭」は2016年9月17日(土)~11月20日(日)

の期間で行われていたため、現在は入れない可能性が高いようです。

ロケ地での撮影風景について

校舎は綺麗だけど不気味な雰囲気

学校は廃校舎とは思えないほど綺麗ですね!

ただ、暗闇になると山奥ということもありかなり怖く、不気味な感じですね。

こんな中で地獄のデスゲームなんて・・・

撮影キャストはかなり仲良し!

映画の内容とは裏腹に、撮影の合間は写真を撮ったり、動画を撮ったりして、
とても仲良くしていたようです。

まとめ

・シグナル100のロケ地は旧美和中学校で現在入場できるかは微妙
・ロケ地の学校は現在でも綺麗で、キャストの仲も非常に良かった!

担任教師・下部が起こした地獄の自殺ゲーム。近くに寄った際にはぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

ただ、視聴覚室にはいかないようにしてください(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました