【鬼滅の刃】最終選別の5人目は?残った人の名前や特徴についても

アニメ

2016年から週間少年ジャンプに掲載され、大人気作品となった「鬼滅の刃」

大正時代を舞台に主人公の炭次郎が鬼と化した妹・禰豆子を人間に戻す方法を探すために「鬼殺隊」として戦う姿を描いた作品です。

作中では、鬼殺隊の一員になるための試練、「最終選別」を受けなければなりません。

炭治郎も鬼殺隊に入る前には最終選別を受けていました。

炭治郎が受けた最終選別では、広場に集まっていた合格者は炭治郎を含めて4人。

しかし、屋敷に座っていた「お館様」という人は「5人も生き残った」と言っています。

「人数が合わなくないか…?」と思った人も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、「鬼滅の刃」の発言の矛盾と、5人目が誰なのかについて、詳しく解説していきます!


【鬼滅の刃】最終選別の5人目は誰?

5人目の合格者は嘴平伊之助

5人目の生き残りは嘴平伊之助(はしびらいのすけ)。

伊之助は頭に猪の被り物をした二刀流の剣士です。

伊之助は最終戦別の後に登場するキャラクターで、炭治郎・善逸らと出会った後、共に行動するようになります。

また、あとで詳しい情報についてはお伝えしますが、簡単に伊之助についてお伝えします。

伊之助は幼い頃は猪に育てられたことから、常に猪の被り物を被っていて、上半身は裸でマッチョ。

伊之助が被っている猪の被り物の下の顔は美少年で、よく言うセリフは「猪突猛進」。

また、伊之助オリジナルの呼吸「獣の呼吸」を使っています。

炭治郎と善逸、伊之助のやり取りは非常に面白く、ファンの間では「かまぼこ隊」や「三兄弟」などとも呼ばれています。

5人目の合格者・伊之助はなぜいなかった?

5人目の合格者であった伊之助ですが、なぜ彼は最終選別の合格者が集まる場所にいなかったのでしょうか?

伊之助の姿が合格者の中になかった理由は、「誰よりも早く入山し、誰よりも早く下山したから」。

伊之助はかなりせっかちなキャラクターとしても描かれていて、最終選抜の際も、そのせっかちさが出てしまい、誰よりも先に入山。

そして、伊之助は他の合格者が集まる前に最終選別の儀式を終えて、下山してしまったから、あの場所にいなかったんですね。

最終選別では明かされませんでしたが、これは後々で我妻善逸によって明かされています。

また、一部では、炭治郎との面識がないため、「炭治郎と同期ではないのでは?」という声もあるようです。

しかし、単純に入りの時間と終わりの時間が他の人より早かっただけなので、炭次郎たちとは同期のようです。

【鬼滅の刃】最終選別に残った5人の名前や特徴について

※ここからは、最終選別以降の内容を含む部分になります。原作やアニメを見ていない方は、ネタバレを含みますので、あらかじめご了承ください。

竈門炭治郎

名前:竈門炭治郎(かまど たんじろう)
CV:花江夏樹、佐藤聡美(幼少期)
階級:癸→庚(遊郭編以降)→丙
誕生日:7月14日
年齢:物語開始時13歳→修行後(鬼殺隊入隊時)15歳
身長:物語開始時156cm→修行後(鬼殺隊入隊時)165cm
体重:物語開始時53kg→修行後(鬼殺隊入隊時)61kg
出身地:東京府 奥多摩郡 雲取山(現:東京都西多摩郡雲取山)
趣味:頭突き、掃除
好きなもの :タラの芽

炭焼きの家の子で山から降りては町に炭を売って生計を立ていた6人家族の長男。

並外れた嗅覚を持ち、それによって、モノの匂いはおろか、生物の感情の匂いまで嗅ぎ分けることが出来ます。

特徴的な耳飾りは、竈門家で神楽と共に代々受け継がれてきたもの。

また、父親が死んでしまってからは、13歳と若い年ながら一家の大黒柱となり、苦しいながらも幸せな生活を送っていました。

しかし、鬼に一家を全員殺されてしまいます。

家族の中で、唯一生き残った妹の禰豆子を抱えて、山を降りる炭治郎でしたが、道中で妹が鬼に変貌。

そこに駆けつけた冨岡義勇との邂逅を経て、鬼ならば、禰豆子を人間に戻す方法を知っているかもと言われ、禰豆子を鬼から人間に戻すため、一家を惨殺した鬼を殺すため、鬼殺隊に入隊することを決意します。

その後、元水柱である鱗滝左近次の元で2年の修行の後、鬼殺隊入隊試験である最終選別へ行くことを許され見事、その試練を突破、鬼殺隊に入隊することに成功しました。

我妻善逸

名前:我妻善逸(あがつまぜんいつ)
CV:下野紘
階級:癸→庚→丙
誕生日:9月3日
年齢:16歳
身長:164.5cm
体重:58kg
出身地:東京府 牛込區(現:新宿 牛込)
趣味 花札、双六
好きなもの 甘いもの、高いもの(うなぎなど)

竈門炭治郎と共に、最終選別を生き残った金髪の剣士で、鼓鬼討伐の任務以降共に行動することが多くなり友人関係を築き上げています。

かつて鬼殺隊最強の剣士の1人雷柱を任じられていた桑島慈悟朗の弟子。

その才覚を認められ後継者の1人とされていたましたが、同じく後継者とされていた兄弟子との間で確執があります。

太い眉とマイナス方向かつ臆病な性格が特徴的ですが、利己的な面が強くすぐ人に縋り炭治郎や子供にすら呆れられるほど情けない人物。

口癖は「死ぬ」「助けてくれ」「守ってくれ」「いやだ!」「怖い!!」

鬼殺隊の入隊理由も「女に背負わされた借金を肩代わりしてくれた人が育手だった」ため。

しかし小さな男の子を置いて逃げたりせず、人の大切なモノを守ったりと普段の態度とは裏腹にできる男でもあります。

また、聴覚に優れ人の気持ちや嘘まで見抜けるほどですが、たとえ相手が嘘を言っていたとしても「自分の信じたい人を信じる」という考えから今まで騙され続けてきました(特に美人に弱い)。

また「雷の呼吸」からの神速の抜刀術を扱うが、本人が眠っている時しか使えず自分の強さも意識していないため自分は弱いと言い張り誰かに守ってもらおうとする。

眠っている時でも会話は可能であり、ある意味寝ている状態と起きている状態の二重人格。

本来「雷の呼吸」は型が六つあるが、善逸は「壱ノ型・霹靂一閃」しか習得できていません。

嘴平伊之助

名前:嘴平伊之助(はしびらいのすけ)
CV:松岡禎丞
階級:癸→庚→丙
誕生日:4月22日
年齢:15歳
身長:164cm
体重:63kg
出身地:東京府 奥多摩郡 大岳山(現:奥多摩 大岳山)
趣味:炭治郎に教えてもらった「ことろことろ」という童遊び
好きなもの: 天ぷら(「藤の花の家紋」の家で夕飯に出されてから好物になった)

主人公・炭治郎の同期に当たる鬼殺の剣士で、獣の皮とイノシシの頭を被った戦闘狂。

捨て子であり、猪に育てられた経緯を持ち、人間の言葉は近所に住んでいた青年とその祖父から学びました。

鬼殺隊員と力比べをして刀を奪い最終選別のことを聞き出し、参加して生き残ったという経緯があります。

そのため彼に育手はいません。また、ボロボロの二刀流と「獣の呼吸」という我流のスタイルで闘います。

戦える相手を見たら見境なく勝負を仕掛けてきましたが、炭治郎の天然パワーに半ばいなされるようにして行動を共にするようになります。

また、過酷な山での生活により、異様なまでに研ぎ澄まされた「触覚」を持ち、空気の僅かな揺れや乱れにより、直接触れること無く相手の位置を捕捉できる能力があります。

育った環境のせいか字の読み書きができず、常識もだいたい知らない、大事なことを二回言うといった癖があります。

栗花落カナヲ

https://twitter.com/haiiro_okami350/status/1312615938919813122

名前:栗花落 カナヲ(つゆりかなを)
CV:上田麗奈
階級:癸→己→丁
誕生日:5月19日(出生不明だったため、カナエとしのぶに出会った日にしている)
年齢:16歳
身長:選別時152cm→9巻辺りから156cm
体重:選別時44kg→9巻辺りから46kg
出身地:東京府 本所區(現:墨田区 向島)
趣味:朝から晩までシャボン玉
好きなもの :アオイの作ったもの全部、ラムネ

炭治郎の同期剣士の一人で、最終戦別を生き残った唯一の女の子。

炭治郎を含めた他の三人が満身創痍であったのに対して、カナヲは傷どころか土汚れ一つなく涼しい顔で選別を突破していました。

幼少期より極貧の生活を送っており、親に売られていたところを胡蝶しのぶと姉の胡蝶カナエに出会います。

心(精神)が極限状態から「ぷつんと切れた」ことにより、自発的に行動したり言葉を発することは稀。

物事を決める時にはカナエに教えられたコイントスによって決めています。

呼吸は花の呼吸を使用しており、炭治郎たちの同期でありながら「継子」として鍛えられており非常に高い戦闘能力を有しています。

不死川玄弥

名前:不死川 玄弥(しなずがわげんや)
CV:岡本信彦
階級:癸→丁
誕生日:1月7日
年齢:16歳
身長:選別時160cm→180cm
体重:選別時56kg→76kg
出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋)
趣味:盆栽
好きなもの:スイカ

炭治郎達と共に、藤襲山における最終選別を潜り抜け、鬼殺隊へと入隊した五人の同期隊士の一人。

実兄に最高位剣士“風柱”である不死川実弥を持ちますが、彼自身は“岩柱”の悲鳴嶼行冥に「継子」として従事しています。

基本的に無口で粗野な面を持ち、また時々癇癪を起こしてキーキー状態になる(主に修業でストレスがたまった時)のが玉に瑕。

ただ、根は人が好く、七人兄弟(兄妹)の次男らしく年下の少年少女に気遣いのできる優しい性格です。

また、女性に対する免疫が無く、巨乳や美人はもちろん、年下であっても可愛い女子が相手だと、まともに喋ることすら出来なくなってしまいます。

このような特徴から、周りの環境や自身が置かれている状況によって影響を受けやすい、繊細な性格だと言われています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回、最終選別の5人目の合格者は嘴平伊之助という猪頭の少年でした。

合格者の集合場所にはいなかったものの合格者には変わりありません。

また、伊之助が集合場所にいなかった理由は、「藤の花の山に誰よりも早く入山し、誰よりも早く下山したから」

意外とあっさりした理由でしたね!

 

「鬼滅の刃」を見るなら!
お得に見るならU-NEXTがオススメ!

①U-NEXTの無料トライアルに登録!

②「鬼滅の刃」を無料で見放題!

③他の作品も無料で視聴する!

④31日間以内に解約で料金は”タダ”

 

いますぐ「鬼滅の刃」を視聴する

 

U-NEXTの登録方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで登録する方法!

U-NEXTの解約方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで解約する方法!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました