【鎌倉ものがたり】キンの正体は妖怪?黄泉の国の住所を知っていた訳についても

映画・アニメ

2017年に公開に公開された映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

原作は西岸良平さんの漫画「鎌倉ものがたり」で鎌倉を舞台に、主人公・正和と妻亜紀子が妖怪達と対峙していくファンタジー作品です。

作中では一色家に長年使えてきた家政婦の「キン」こと大河原キンが登場します。

個性的な存在として描かれていたキンですが、映画では日露戦争の時代に夫を亡くしていることから、実は幽霊なのでは?と思った人も多いのではないでしょうか?

また、作中ではなぜか黄泉の国にある、甲滝五四朗の家の住所を知っているシーンもありました。

なぜ彼女はその情報を持っていたのでしょうか?

そこで今回は、「DESTINY 鎌倉ものがたり」のキンの正体や、黄泉の国の住所を知っていた理由について解説していきます。


【鎌倉ものがたり】キンの正体は妖怪?

「鎌倉ものがたり」に登場するキンこと「大河原キン」。

家事万能、正和が子供の頃から知り合っている家族同然の人物で、住み込みで働いていたこともありました。

そんな、キンですが、謎も多く、その中でも彼女の”年齢”については気になるところ。

まずは彼女の年齢について解説していきます!

キンの正体は142歳の妖怪級人間

本人は年齢を82歳と言い張っており、心身ともに健康で体力も亜紀子などよりは上。

ですが、キンは、劇中で陸軍中尉だった夫を日露戦争で亡くしたと正和に話していました。

さらに、幽霊の姿が見え、顔なじみの妖怪が多いことからも”妖怪”だと思った人も多いはず。

しかし、原作でキンは、142歳の”人間”のお婆さんとされており、実際にその年まで生きているというのです。

普通ではなかなか考えづらい設定ですが、ファンタジー作品と考えれば、おかしくはないのかもしれません。

市役所では魔物認定されている?

142歳と人間ではありえない年齢のキン。

そのありえない状況のためか、幽体離脱した幽霊状態の正和が普通に見えたり、三途の川から彼岸へと戻ってきた正和・亜紀子の姿を普通に認識しています。

劇中の様子を見ると、半分魔物化しているのではないかと思ってしまうほどです。笑

そんなキンは実は、原作では、市役所からは「魔物」として認定されています。

黄泉の国から戻ってきた先祖達と普通に会話したり、魔物たちから慕われている様子を見れば、納得の結果ですね。

キンが黄泉の国の住所を知っていたのはなぜ?

https://twitter.com/nanamitsuki_t/status/966180259279319041?s=20

鎌倉ものがたりの劇中で、主人公・正和が嫁の亜紀子を黄泉の国から、連れ戻しに行くことに。

その際、正和は、甲滝五四朗の書いた「反魂奇譚」で、黄泉の国に行く方法を知っていました。

しかし、帰り方はわからなかったため、黄泉の国で甲滝五四朗を探して帰り方を聞こうとします。

それを聞いたキンは、正和に黄泉の国にある甲滝が住む場所の住所を教えていました。

なぜ、今まで死んだことがないキンさんは住所を知っていたのでしょうか?

この理由は劇中では明かされていません。

しかし、個人的な考察としては、「甲滝が黄泉の世界から帰ってきて渡した」と考えています。

甲滝五四朗の書いた「反魂奇譚」に、黄泉の国に行く方法が書いてありました。

そのため、甲滝は少なくとも一度以上黄泉の国に行って帰ってきたことがあったからこそ、「反魂奇譚」をかけたのたと思います。

また甲滝は、妻の絵美子に会うために、黄泉の国に行っていたと劇中で発言しています。

このことから、変えることはできたけれど、絵美子を何らかの理由で連れ帰れないことがわかり、黄泉の国で暮らすことを決意したのだと思います。

黄泉の国で住む家を決意した甲滝は、一度現世に戻り、その際に、黄泉の国の住所をキンに教えたのではないでしょうか?

そして、キンさんが亡くなり黄泉の国を訪れた際には、「一緒に暮らしたい」という思いも一緒に伝えていたのではないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、「DESTINY 鎌倉ものがたり」のキンの正体や、黄泉の国の住所を知っていた理由について解説しました。

個性的なキャラクターも多く、感動あり、笑いありで見ていてとても楽しかったです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました