【コクリコ坂から】俊と海は結局兄弟?母親の発言や2人のその後についても

アニメ

2011年に公開された映画「コクリコ坂から」

作中ではアメリカから帰ってきた母に海は、俊の父親が同じ澤村雄一郎の子供だと言っていたことを伝えます。

それに対して母親は俊の出生の秘密を語り、俊と海の本当の関係性がわかることになります。

真実を知った海は最後に「もし本当にお父さんの子供だったらどうするの。」と一言。

それを聞いた母親は「会ってみたいわ。お父さんに似てる?」意味深な発言をしていました。

一見すると本当は兄弟のようなニュアンスにも取れるこの発言。結局2人は兄弟だったのでしょうか?

そこで、今回は俊と海は兄弟だったのか、また母親の発言の意味などについて解説します。


【コクリコ坂から】俊と海は結局兄弟?

俊と海が兄弟だと思ってしまったのはなぜ?

主人公・松崎海が通う高校には、カルチェラタンという老朽化した男子文学部が取り壊されそうになっていました。

そのカルチェラタンの取り壊しに抗議していた、学級新聞で訴えていた風間と知り合った海は、お互い恋心を抱くようになります。

そんな時、海も住んでいるコクリコ荘に下宿していた北斗の送迎会にやってきた風間。

そこで海は、亡くなった父と友人2人が写った写真を見せるのです。

その写真を見て動揺した風間。それからというもの、海に会うと急によそよそしくなってしまいます。

その理由は、海が自分と同じ父を持つ兄弟だったから。

俊は、海が持っていた写真と同じ写真を取り出し「澤村雄一郎、俺の本当の親父」と海の父が俊の父であることを告げます。

さらに、市役所に行って戸籍も調べて確認したことを海に告げており、兄弟であることは確実になります。

しかし、実際は海と風間俊は異母兄弟ではなく、俊の父親は別の人だったのです。

風間俊の過去と海との本当の関係性は?

俊は養父の話から自分の本当の父親は「澤村雄一郎」だと思っていました。

しかし俊の実の父は澤村と同じ船乗り仲間の「立花洋」

立花夫妻が亡くなり、残されたのが生まれたばかりの子どもが俊だったのです。

その頃、澤村の子供である海もお腹にいたため、他人の子を育てる余裕もありませんでした。

ただ、このままでは親友の立花の子供が孤児院送りになってしまうと考えた澤村は、無理やり自分の戸籍に入れ引き取ったのです。

とはいえ、育てる余裕もない澤村は悩んだ末、子供を亡くしたばかりの船乗り仲間の夫婦、風間家へ託すことにしました。

このような過去が会ったため、俊が戸籍を調べに行った時も、戸籍上は澤村となっていたため、兄弟だと思ってしまったのです。

ちなみに、風間の父が「お前は俺の息子だ」と言い放った理由は「自分は本当の息子じゃないんだ!」と気にせずにいてもらいたいという気持ちからだったから。

俊を思う優しいお父さんの姿が垣間見えるシーンでもありますね。

母親の意味深な言葉の意味は?

海の母から俊との本当の関係性を知った海。

しかし、最後に海は「じゃあもしお父さんの本当の子供だたったら?」と聞きます。

それに対して、海の母は「会ってみたいわ。お父さんに似てる?」と意味深な発言をしていました。

この発言は、兄弟ではないと明確にしたにもかかわらず、本当は兄弟なのでは?と疑問を残すようなシーンでもありました。

一体海の母親はどのようなことを思ってこのようなことを言ったのでしょうか?

これについて、個人的には2つの意味があるのではないかと思っています。

まず一つ目に、「当時、赤ん坊だった子(俊)がどんな風に成長したのかを単純に見てみたいから」

澤村が連れ帰ってきて、もしかしたら自分が育てるはずだった子がどんなふうに成長したのかを見てみたいという思いがあったのだと思います。

2つ目は、「お父さんにどれくらい似ているかを確かめたかったから」

俊と海は兄弟ではないことを母親が説明したにもかかわらず、海は、「お父さんの子供だったらどうするの。」とさらに念を押すように確認してきました。

このことから、母親は俊が澤村に似ている部分があり、その面影があるからこそ、ここまで海は追求してくるのだと思ったんです。

そこまで似ているのであれば、一度あってみたいという気持ちになり「会ってみたいわ。お父さんに似てる?」と言ったのではないでしょうか。

海の母親が風間の父と会った理由は?

海の母は海と話したことにより、俊と海がお互い恋心を抱いていることや2人は兄妹かもしれないと不安を抱いていることに気づきます。

それを知り、養父である風間さんにいきさつをきちんと話すことで養父にも理解してほしかったのではないでしょうか。

きっと俊の養父は二人が惹かれ合っていることや不安がっていることを何も知らなかったのでしょう。

俊に「本当の息子じゃない」と変な気を使わせないためにもずっと「お前は俺の息子だ」と言っていた養父。

しかし、海の母に会ったことで二人のことを知り、写真に写っていたもう一人の仲間「小野寺」に会いに行くように促しました。

小野寺から当時のことを聞くことができ、俊と海は本当の真実を確信し微笑むのでした。

海の母が俊の養父に会ったのは、二人の幸せを願ってのことだったのでしょう。

俊と海のその後はどうなった?

小野寺から真実を聞いた2人ですが、その後の2人の関係性はどうなったのでしょうか?

ラストでは海が庭で旗をあげるシーンで終わっていました。

このシーンについて監督の宮崎吾郎さんは

人はそんな簡単に変わることはできなくて、海はまだ父のために旗をあげている

と答えています。

ただ、小野寺の話が真実であれば、俊と海に血縁関係はないので、結婚は可能。

最後の旗揚げのシーンは父のことを思いつつも、未来を見据えて前むいて俊と進んでいく、そんな物語を暗示していたのかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は俊と海は兄弟だったのか、また母親の発言の意味などについて解説しました。

戦後の複雑な事情により、翻弄された俊と海ですが、小野寺さんの登場により真実が明らかになりました。

2人のその後は描かれてはいないものの、明るい未来が訪れることを願いたいですね。

「コクリコ坂から」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【コクリコ坂から】風間俊の池の飛び込みは抗議のため?海が助けた理由についても

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました