【プラダを着た悪魔】人物相関図まとめ!登場人物の名前やキャストについても

映画・アニメ

2006年に公開された映画「プラダを着た悪魔」

主人公はアン・ハサウェイ演じるオシャレに興味のない女性アンディ。

一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントとして恋や仕事に奮闘するストーリーです。

作中には、魅力的なキャラクターも多かったですね!

そこで今回は、「プラダを着た悪魔」の人物相関図や登場人物やキャストについてご紹介します!


【プラダを着た悪魔】人物相関図まとめ!

人気小説『プラダを着た悪魔』の映画化作品。

『セックス・アンド・ザ・シティ』のパトリシア・フィールドが衣装を手がけたことでも話題となった本作。

恋に仕事に奮闘する女の子を描いたシンデレラストーリー!

有名大学を卒業後、アンディはジャーナリストを夢見てニューヨークへとやってきます。

オシャレとは無縁のアンディが無謀にも面接を受けたのは「1年働いたらどこでも通用する」といわれるほど有名で、誰もが憧れるファッション雑誌「RUNWAY」

その RUNWAYの編集長・ミランダの新人アシスタントとして面接を受けることに。

見事採用されたものの、どんなに仕事をしても評価されずに苦しむアンディ。

しかし、自分の考え方次第で変われることに気づき、次第にアンディは見た目も心も変化していきます。

オシャレに無頓着なアンディだったが、仕事をしていくうちにファッションやメイクに魅了され、見違えたように綺麗になる。

仕事も順調で、何もかも手に入れたかのように見えたアンディ。しかし、その先に待っていたものとは…?

プラダを着た悪魔の相関図は、大きく分けて、仕事とプライベートに分けられます。

仕事においては、鬼編集長のミランダと戦い、ナイジェルやエミリーと協力しながら、時にはクリスチャンの力を借りながら、アンディは奮闘します。

仕事がうまくいき、全てが順調かと思いきや、プライベートの関係が徐々に壊れていきます。

そんなプライベートと仕事の間で奮闘し、自分が本当に大切にしたいことを見つける、そんなストーリーになっています。

【プラダを着た悪魔】登場人物やキャストまとめ!

ミランダ・プリーストリー

女優:メリル・ストリープ

ミランダ・プリーストリーは、有名ファッション雑誌「ランウェイ」のカリスマ編集長。

ファッション業界の重鎮で、彼女が気に入るかどうかでコレクションの内容が変わってしまうほどの権力を持ちます。

また、部下にも高いレベルを要求し、常に不満を漏らすものの、アートディレクターのナイジェルのことは信用しています。

白髪をきちんとセットし、メイクや服装も常に完璧。

前の夫との間にできた双子の娘を溺愛しているものの、今の夫とはミランダの仕事の忙しさが原因で関係はあまり良くありません。

仕事では、常に2人のアシスタントを採用しており、第2アシスタントとしてアンディ(ミランダは正式名のアンドレアと呼ぶ)を雇うことに。

これまでファッション業界に憧れるタイプがアシスタントを務めてきたが、失望。

そのため今回は、ファッションに興味はないものの、仕事ができそうなアンディを選んだのです。

アンドレア・サックス

女優:アン・ハサウェイ

アンディ・サックスは、ファッション雑誌「ランウェイ」の名物編集長ミランダの第2アシスタントとして働きます。

ノースウェスタン大学卒で、ジャーナリストを目指してニューヨークへやって来て、彼氏のネイトと同棲しています。

ファッションには興味がなく、「ランウェイ」に勤めるようになってからも、服装を変えず周囲から笑われる毎日。

努力がミランダに認められないとグチをこぼしますが、ナイジェルから「君は努力していない」と指摘され、服装を変えて仕事に打ち込むように。

最終的にはミランダにも認められる存在になっています。

エミリー・チャールトン

女優:エミリー・ブラント

エミリー・チャールトンは、ファッション雑誌「ランウェイ」の編集長ミランダの第1アシスタント。

前任が退職したため、第1アシスタントに昇格し、ミランダのスケジュールや経費の管理などをしています。

仕事に情熱とプライドを持っており、メイクや服装もバッチリ。

ミランダに同行してパリコレに行くことを死ぬほど楽しみにしている。

また、面接にやって来たアンディの服装を見てから、アンディのことを小馬鹿にしていました。

しかし、アンディが洗練した姿を見せるようになると、最初は不機嫌な姿を見せるものの、仕事ができることもあり、アンディのことを認めるようになります。

厳しいダイエットをするほどパリコレに行くことを楽しみにしていましたが、交通事故でいけなくなってしまいます。

代わりにアンディが行くことになり、激怒。

しかし「ランウェイ」をやめたアンディから、パリで着ていた服をプレゼントされると、「もらってあげてもいいわ」と言いながらも笑顔を見せるかわいいキャラクターです。

ナイジェル

俳優:スタンリー・トゥッチ

ナイジェルは、ファッション雑誌「ランウェイ」のアートディレクター。

仕事にプライドと情熱を持っており、編集長のミランダからの信頼も厚い存在です。

またアンディのグチも聞き入れますが、なぐさめることはなく「目を覚ませ」と、その気になったアンディにファッションや髪型を指導します。

また、デザイナーのジェームズ・ホルトが出資者を見つけてフルラインで世界展開することになった際に、ミランダの推薦もありパートナーに選ばれます。

喜ぶナイジェルでしたが、発表の席で、ミランダが自身の立場を守るために、ジャクリーヌ・フォレがパートナーとなったことを知り、世界展開の話は白紙に。

また、アンディをひと目見て靴のサイズが8.5と見抜いたり、アンディのことは服のサイズから「6」と呼んでいました。

ネイト

俳優:エイドリアン・グレニアー

ネイトは、アンディの彼氏で一緒に同棲をしています。

給料の安いレストランで働きながら、チャンスを狙っています。

アンディの仕事や意思は尊重しながらも、自身の誕生パーティに仕事で来れないなど「ランウェイ」の仕事を優先するアンディに対し、共通点がなくなってしまっていると感じています。

そして、アンディがパリに旅立つ前に別れを切り出すことに。

その後、ボストンのレストラン「オーク・ルーム」のサブ・チーフに採用されています。

さらに、「ランウェイ」をやめてニューヨークに戻ってきたアンディとは、やり直す方法を考えようと前向きにやり直そうと考えているようです。

得意料理はホットチーズサンドで、食材にはこだわり、チーズは高級なものを使っていました。

クリスチャン・トンプソン

俳優:サイモン・ベイカー

クリスチャン・トンプソンは、著名なフリーのライター。

ジェームズ・ホルトのパーティでアンディと出会います。

ミランダから発売前であるハリー・ポッターの新作の原稿を手に入れるように求められたアンディが頼り、知り合いの知り合いが装丁家だったため原稿を持っていて、アンディを助ける優しさを見せます。

また、パリコレの取材のために訪れたパリで、ミランダに同行したアンディとデートし、一夜を過ごします。

その後、ジャクリーヌ・フォレが編集長となるアメリカ版「ランウェイ」の編集責任者となるはずでしたが、パーティでジャクリーヌがジェームズ・ホルトのパートナーになることが発表。

編集長の話は白紙となりました。

作中では著名な存在として取り上げられており、パリコレではメディアから写真の撮影を求められています。

また、知り合う前からアンディはクリスチャンのことを知っており、クリスチャンの文章のファンでした。

リリー

女優:トレイシー・トムズ

リリーは、アンディやネイトの友人で写真家。

ギャラリーで働きながら、写真家としての活動も行っており、写真展も開催していました。

写真展では、クリスチャンがアンディの頬にキスをする姿を目撃。

「ランウェイ」の仕事に没頭するようになり以前とは変わったといった思いを、アンディにぶつけていました。

ローレン ワイズバーガー

映画には一瞬、原作の著者が登場しています。

それは『ハリポタ』新作をメリル ストリープ演じるミランダの娘達が読むシーン。

隣に座ってる謎の人が、原作者ローレン ワイズバーガーさんです。

まとめ

いかがだったでしょうか。回は、「プラダを着た悪魔」の人物相関図や登場人物やキャストについてご紹介しました!

多くの魅力的な人物が登場して、面白い作品でした。

仕事を頑張る姿は、見ていて元気をもらえますし、何より、アン・ハサウェイが可愛かったです(笑)

何度も見たい作品ですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました