コナン【純黒の悪夢】が面白くないしひどい理由は?見どころはアクションだけ?

アニメ

2016年に公開された青山剛昌先生原作の「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」。

黒の組織、安室、赤井とコナンの中でも盛り上がる登場人物も多い今作。

一部では「面白くない」といった声もあるようです。

今回は、「純黒の悪夢」についてなぜ面白くないと感じたのか、その理由を解読していこうと思います!また、面白くないと感じた人向けに、今作の見所も合わせてご紹介していきます!




「純黒の悪夢」が面白くないしひどいと言われる理由

黒の組織について知らない

今作には、謎の女(キュラソー)が所属する組織、通称「黒の組織」が登場します。

これまで、漫画やアニメなどでコナンを見てきた人には当たり前の存在である「黒の組織」。

しかし、コナンにあまり詳しくない人にとっては、黒の組織と安室(バーボン)、公安、FBIの関係性もよくわからないはず。

映画単体で見た人にとっては「面白くない」といった感情を持たせてしまうかもしれませんね。

コナンの映画はコナンファンには当たり前!といったストーリーを盛り込むことも多いので、初見の人は少し難しい印象を抱くかもしれません。

安室と赤井を知らない

コナンの中でも人気キャラクターの2人。

冒頭からカーチェイスをしたり、観覧車の上で戦ったりと出演も多かったです。

こちらも黒の組織の時と同様、知識や関係性がわかっていないと話の内容が掴めないですね。

こういった点で、コナンシリーズの知識がない人は物語についていけなくなり、「面白くない」と感じてしまうのではないでしょうか。

推理がなくアクションがメイン

名探偵コナンといえば、「名探偵」と付くぐらいですから、推理も楽しみの一つ。

しかし、劇場版のコナンでは年々、アクションの過激さが増しており、今作では、アクションがメインか!と思うくらいの派手さがありました。

そのため、推理を楽しみにしていたファンにとっては少し物足りず「面白くない」と感じてしまったのでしょう。

特に、キュラソーの常人離れした身体能力や、爆破され、崩壊していく観覧車を特大のサッカーボールで止めるシーンはあまりにも非現実的で驚いた人も多かったはず。

アクションの派手さや過去の繋がりが多く、面白くないと感じてしまう人も多かったようですね。

「純黒の悪夢」の見どころ

面白いと感じている人は、どういったところに魅力を感じ、楽しんでいるのでしょうか。
次は、面白くない人でも、こんなところに着目すると面白い!そんなポイントを解説していきます!

黒の組織の真実が明らかになる?

今回の見どころの一つは「黒の組織」が登場するというところ。

黒の組織はコナンの世界で最大の犯罪組織にして、コナンや公安、FBIの宿敵。

黒の組織についての情報は、不明点が多く、まだまだ明かされていない秘密も多い謎の組織です。

そんな黒の組織について、ノックリストを盗み出したキュラソーをはじめ、ジン、ウォッカなど黒の組織のメンバーが登場していました。

黒の組織に関する情報とともに、彼らの抗争シーンもあり、ファンにとってはたまらない作品となっています。

【因縁の関係】赤井 VS 安室がアツい

純黒の悪夢では、人気キャラクターの赤井と安室が共演しています。

2人はある出来事をきっかけに、因縁の関係になるのですが、普段のアニメなどではなかなか共演することはありません。

そのため、この因縁の2人の闘うシーンはファンにとっては待望の共演と言っても過言ではないでしょう。

特に、冒頭のカーチェイスや後半の観覧車上でのバトルなど演出もカッコよく、初めて見た人でも、ワクワクするシーンになっていますね!

>>【純黒の悪夢】安室と赤井の関係性は?観覧車で喧嘩していた理由についても

キュラソーの生涯を賭けたラスト

今回の作品はキュラソーの人生についても多く描かれています。

冒頭で黒の組織の任務遂行中に起こした事故の影響で記憶喪失に陥ったキュラソー。

そんな時、コナンや哀、少年探偵団と出会い、親しくなります。

終盤で記憶を取り戻したキュラソーは、一度は組織に戻ろうとしたが、探偵団の子供たちと過ごした時間を経て、「今の自分の方が気分がいい」と組織を裏切ることになります。

組織の裏切り者を抹殺対象にすると決めたジンからの攻撃。

そして観覧車崩壊

観覧車には、親しくなった少年探偵団の姿が。

「止まれぇぇぇぇーーーーーーーっ!!!」

と自分の命を顧みず少年探偵団を助ける姿には、心を打たれること間違いなしです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は名探偵コナンの「純黒の悪夢」が面白くないと言われる理由について解説しました!

これまでの流れや関係性がわかっていないと、追いきれないという方もいるかもしれませんね。

ただ、アクション映画だと思えば、大迫力の映像を素直に楽しむこともできそうですね。。。笑

より深く楽しみたい方は、復習してから見てみるといいかもしれません!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました