【レディプレイヤー1】ガンダムの出演に対する海外の反応は?実は人気ない説についても

映画・アニメ

2018年に公開され、話題になった「レディプレイヤー1」

時は、2045年。誰でもなりたいものになれる夢の場所[オアシス]。

そのオアシスの天才創設者の遺言に仕掛けられた3つの謎と、56兆円の莫大な財産をめぐって、全世界を巻き込む争奪戦が行われます。

作中には様々なSF作品のキャラクターが登場し、日本では有名な「ガンダム」が登場します。

今回は、ハリウッド進出したガンダムの海外の反応と実は海外では人気がない理由についてまとめて解説していきます!


【レディプレイヤー1】ガンダムの出演に対する海外の反応は?

ガンダムはどこで登場した?

レディ・プレイヤー1では「メカゴジラ」が登場します。

このメカゴジラと戦うのがファースト・ガンダムという日本人にとっては胸熱な展開になります。(ちなみにこのシーンのBGMにはゴジラのメインテーマが使用されていました)。
ただ、ガンダムが右手を前に突き出して、スーパーマンのように飛ぶ姿や、ブースターによる加速を利用したバトルはレディ・プレイヤー1ならでは。

そして日系俳優の森崎ウィンが演じる、ガンダムを操るアバター「ダイトウ」の”中の人”はトシロウのセリフ

「オレはガンダムで行く!」

はガンダムファンにとっては歓喜のシーンだったのではないでしょうか。

また、ガンダムに変身する時もゴーグルにも「ガンダム」のロゴが表示されたりと心踊るシーンが満載でした。

実際に日本人の反応を見てみても「最高」「胸熱」など高評価な感想が多かったです。

日本人にとって、ガンダムVSメカゴジラのシーンは胸熱な場面でしたが、海外の人はどのような反応だったのでしょうか?

ガンダムの海外の反応はよかった?

SNSで海外の反応について調べてみました。

READY PLAYER ONEが絶対に明らかにすることの1つは、彼らがデザインに干渉しないことを想定した実写ガンダム映画の悪い可能性です。

これは、新しいトランスフォーマーのデザインがいかに粗末なものであるかをはっきりと示しています。

レディプレイヤーワンはとても楽しかったです。アムロレイのガンダムが配備されたとき、劇場全体が歓声を上げ、ほぼ劇場全体がそれが何であるかを知るのにショックを受けました。

Ready Player Oneの私のお気に入りの部分がガンダムだったことに誰も驚かない。ガンダムの実写映画を見たいだけです。

多くの家族の宝物がそれぞれの卵を捕まえるので、最後の祝日が「私のゲームをプレイしてくれてありがとう」と言うまで、興奮は常に心に強く残りました
日本人の兄弟が転生中に「俺はガンダムで行く」と言ってフリーのガンダムを攻撃し、ねじれひねりのメカニカルゴジラと戦うと、涙が涙に飛び散った

https://twitter.com/rkbagatsing/status/981890339655970816?s=20

私はレディプレーヤーワンに夢中です、ガンダム!!!!!!

Yesterday I watched ready player one movie and it was awesome. I draw the gundam here because in my opinion, it was the best scene from the movie.

昨日は準備ができたプレーヤーの1つの映画を見て、それは素晴らしかった。ガンダムを描いたのは、僕の意見では、映画の中で最高のシーンだったからです。

調べたところ、海外でも多くの人がガンダムの登場シーンについて高評価をつけていました。

ただ、日本人の反応と比べると、ガンダムについての感想を述べている件数も少なく、あまり日本に比べると興味が薄い、そんな印象を受けました。

この反応の違いはなぜなのでしょうか?この反応の違いについてはガンダムの認識についての違いが関係しているのではないかと考えています。

そこで続いては、日本と海外のガンダムの認識の違いについて解説していきます!

ガンダムは海外では人気がない?

海外のロボットキャラクターの認識は”人間を脅かす悪魔”

日本ではこれまで「鉄腕アトム」などのアニメをはじめ、産業用ロボットなどにもニックネームを付けて親しみを表すといった職場風景が見られていました。

このようにロボットに対して親しみを込めて接している背景からもは“みんなの友だち”という認識が強いと感じます。

一方、欧米では、全く違った認識を持っているようで、欧米でのロボットのイメージは”フランケンシュタイン”の人造人間。

これは、1931年に米国のユニバーサル映画が映画化して大ヒットしたキャラクターである”フランケンシュタイン”から来るものです。

このイメージから「人造人間(ロボット)=人間に危害を及ぼす悪魔」という認識を欧米では持っています。

アーノルド・シュワルツェネッガー演ずる『ターミネーター』も、登場する殺人マシーンとしてのロボットは、まさに知能のある『フランケンシュタイン』の人造人間ですね。

こう言った背景からロボットは友達などではなく、”人間を脅かす悪魔”として描かれてきたため、ガンダムの人気はそこまで高くはないのかもしれません。

ただ、同じロボットアニメである「トランスフォーマー」については海外でも人気の作品となってきているので、今後ガンダムもブレイクする可能性は大いにあるかもしれませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、ハリウッド進出したガンダムの海外の反応と実は海外では人気がない理由について解説しました。

日本人にとってはほとんどの人が胸熱なシーンである”ガンダム”のシーンで、一部の海外の人にとっても同様な感想を持っていたようです。

ただ、ロボットの認識の違いか興味の度合いについては日本ほどではなかったようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました