【ハリーポッター賢者の石】最後の帰るの意味は?その後についても

映画・アニメ

世界的にも大人気作品となったハリーポッターシリーズの1作目である「ハリーポッターと賢者の石」

映画の終盤では、学校の1年目が終わり、生徒全員が故郷へ帰るシーンがあります。

そこでハーマイオニーが「帰るって不思議な気分ね」と言っていますが、

ハリーは「帰るんじゃないよ、僕はね」と言っていました。

この意味はどういう意味だったのでしょうか?

そこで今回は、「ハリーポッター と賢者の石」でハリーが最後に言ったセリフの意味とその後について解説します!


【ハリーポッター/賢者の石】最後の帰るの意味は?

映画の終盤では、学校の1年目が終わり、生徒全員が故郷へ帰るシーンがあります。

そこでハーマイオニーが「帰るって不思議な気分ね」と言っていますが、

ハリーは「帰るんじゃないよ、僕はね」と言っていました。

この「帰る」という意味について解説します!

ハリーの帰るのセリフの意味は?

魔法学校に来ていた生徒たちにはそれぞれ、帰るべき家があります。

それはハーマイオニーもハリーも一緒です。

帰るべき家というのは、心が安らげる大切な居場所で、一般的には長年暮らしてきた家を指しています。

しかし、ハリーにとっては長年暮らしてきた家であるダーズリー家は居心地の悪い場所でした。

一方、ホグワーツ魔法魔術学校は1年という短い期間にもかかわらず、ハリーにとって居心地のいい場所となっていました。

普通の生徒は学校に“行って”、家に“帰る”のですが、、ハリーの場合はこれが逆転していて、ホグワーツこそが”家”になっているんです。

ホグワーツこそが安住の地であり、ダーズリー家は夏期休暇中に滞在を義務付けられた流刑地みたいなもの。

いずれホグワーツへ“帰る”ために一時身を寄せる場所になっているのです。

ハグリッドの最後の台詞は関係している?

ハグリッドはハリーと別れる前に「豚のしっぽをつけてやれ」というセリフを伝えていました。

これについて、ネット上では、今後の伏線や「帰る」というセリフとの関係性があるのではという意見もありました。

しかし、ハグリッドの「豚のしっぽをつけてやれ」という台詞は、ハリーと初対面した序盤のシーンを踏まえたジョーク。

「ダドリーにイジメられそうになったら反撃してやれ。もうハリーも魔法が使えるのだから」という意味でそのセリフを言っています。

映画の冒頭で、ハグリッドはハリーの誕生日にケーキを持参して彼の下を訪れ出会いました。

何も知らないハリーに魔法使いなどの事情を説明している最中に、イジメっ子で食い意地のはった従兄弟のダドリーが2人の目を盗んでケーキに手を出そうとします。

それに怒ったハグリッドは魔法でダドリーに豚の尻尾を生やしてしまいます。

ハグリッドはその様子を思い出しながら、もし、今度ダドリーに虐められそうになったら脅しで使え!という意味で言っていたんですね!

【ハリーポッター/賢者の石】その後ハリーとダドリーは仲良しに?

ハリーの従兄でいじめっ子のダドリー・ダーズリー。

あれだけ仲の悪かったハリーとダドリーが今も連絡を取り合っていると思っている人は少ないのではないでしょうか?

しかし、ローリングは

「大人になってからも会っているわ。クリスマスカードを送り合うほどよ」

と答えているそうです。

しかし、ローリングは次のようにも答えています。

「義務感から会っているって言うべきかも。子どもたちが遊んでいる間、黙って座っているのよ」。

2人は、心のそこから仲良くなったわけではないようですね!

しかし、はしゃぐ子どもたちを前にディナーの席で居心地悪そうに座っているハリーとダドリー。

想像してみると、ある意味、ほのぼのした風景かもしれませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか。「ハリーポッター と賢者の石」でハリーが最後に行ったセリフの意味とその後について解説しました!

ハリーの「帰る」という発言の意味は、ハリーにとっては、学校が既に自分の居場所、つまり、いつでも帰ってくるべき場所になったということを表していたんですね!

また、ハリーとダドリーのその後は、なかなか仲が良くなることはないようですね!

「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は次の手順で全作無料視聴することができます!

『ハリーポッター』を無料視聴する方法

 

Huluの無料トライアルに登録!

②『ハリー・ポッターシリーズ』を全作無料で見放題!

③他の作品も無料で視聴する!

④2週間以内に解約で料金は”タダ”

 

\この作品を無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
Hulu
見放題
2週間無料

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました