【E.T.】エリオットの父親は離婚した?最後のシーンの意味についても

映画・アニメ

1982年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督のもと制作されたSFファンタジー「E.T.」

作品の中でエリオットの家族には、お母さんはいるものの、お父さんはいませんでした。

エリオットの両親は離婚してしまったのでしょうか?

また、最後にE.T.がエリオットも宇宙船に誘いますが、エリオットはそれを断っていました。

実は、これは家族が関係していると言われています。

そこで、今回は、「E.T.」でエリオットの父親は離婚したのか、また、最後のシーンについて解説していきます!


【E.T.】エリオットの父親は離婚した?

作品の中で、エリオットの母親は登場していましたが、父親はいませんでした。

エリオットの両親は離婚してしまったのでしょうか?

エリオットの父は愛人とメキシコに?

結論からお伝えるすると、主人公の少年・エリオットの両親は離婚しており、彼の大好きなパパは愛人と遠くメキシコに去ってしまっています。

原因は単純に考えて、愛人との浮気。

ちなみに、エリオットの両親をあえて、離婚という形にしていたのは、エリオットの居場所がないという状況を演出するためです。

彼は大好きなパパがいなくなってしまい、居場所がなくなります。

家でもエリオットは兄や母親からガキ扱いされていたりしていて、学校にも気持ちを共有する仲間がいる様子がありませんでした。

だからこそ、未知の生物であるE.T.であっても、すぐに受け入れ、共に新たな居場所を作りたかったのではないでしょうか。

親の離婚というショッキングな出来事があったからこそ、エリオットがE.T.をあれほど愛し、そしてE.T.の住む星・ホームにあこがれたのです。

エリオットの親の離婚はストーリーの核心に関わるものとも言えそうです。

そんなエリオット家の離婚を引き起こしたのは誰だったのでしょうか?

エリオットの父親の不倫相手はサリー?

作中ではエリオットの父親とメキシコに言った人物の名前をサリーと言っていました。

母親だけならともかく、子供も「サリー」の名前を知っていたことから、サリーは元々家族にかなり親しい存在だった人(ベビーシッターなど)だったのではないでしょうか。

もしくは、母親と父親がサリーの事で口論しているところを、聞いてしまい皆が知っているといったのではないかと考えられます。

「サリーとメキシコへ…」という言葉で母親が激怒していたのは、父親が旅行か仕事か何かでメキシコに行っていることを確信しているから。

外に出かけている父親が愛人のサリーと一緒なのだろうと言う事を、家族は暗黙の了解でわかっていましたが、それをぽろりとエリオットが言ってしまったため、母親の癇にさわってしまったのですね。

【E.T.】最後のシーンでエリオットが地球に残った理由は?

映画『E.T.』の最大の見せ場はE.T.とエリオットの別れのシーンです。なぜ少年は地球に残ることを決意したのでしょうか。

エリオットの別れの決断には、彼が両親の離婚を受け入れたのだという意味が込められているのだといわれています。

エリオットは両親の離婚というショッキングな経験をしており、その中で、出会いがあれば別れもあるということをなんとなくわかっていたのだと思います。

だからこそ、エリオットは仲良くなったE.T.との別れも当然あるべきことなんだと悟り、地球に残るということを決意したのではないでしょうか。

また、監督のスピルバーグ自身も両親の離婚を経験していることが知られており、監督自身が経験したことを映画の中に盛り込んだとも言えるかもしれませんね。

さらに、言うとこのエリオットの決断には両親の離婚への受容とパパと別れたママへの許しがふくまれているといえます。

両親の離婚を受け入れられなかった自分が成長し、出会いと別れについて理解し、受け入れたことを暗に意味しているともとることができますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、「E.T.」でエリオットの父親は離婚したのか、また、最後のシーンについて解説しました!

単なるSFファンタジー作品ではなく、少年エリオットの成長をしっかりと描いている「E.T.」

E.T.とエリオットの友情だけではなく、彼自身の成長に目を向けて見てみるとさらに楽しむことができるかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました