【最後のジェダイ】ブルーリーダーの女優は誰?プロフィールや他の作品についても

映画・アニメ
2017年公開の「スターウォーズ/最後のジェダイ」。

映画冒頭の惑星ディカーからの撤退戦の際に、爆撃機部隊を支援するブルー中隊の中隊長でA翼機を操縦していた女性パイロットがいました。

彼女は、最終的に戦死してしまいますが、その美貌に、気になる!可愛い!となった人も多いはず。。

そこで、今回は、ブルーリーダーでタリサン・リントラ役を演じたハーマイオニー・コーフィールドさんについて画像も合わせてご紹介していきます!

【最後のジェダイ】ブルーリーダーのタリサン・リントラ(ターリー)とは

“ターリー”の愛称で知られるタリサン・リントラは白人女性。

リントラはポー・ダメロンに感銘させるほどの優れた操縦技術を持ち、レジスタンスで最も優秀なパイロットのひとり

レジスタンスの指導者たちからリーダーシップの才能も認められており、ブルー中隊の隊長を任されることもあるほど。

また、戦いで仲間を失うことを一番嫌い、責任感が強い人物でもあります。

その強い責任感から、睡眠不足になり、守るべきパイロットの姿が計器には映らないのに、彼らの断末魔の悲鳴だけは聞こえるという悪夢に悩まされることもあります。

一方で、彼女は戦闘中であってもユーモアを忘れず、ウイングメイトのスタークとは頻繁にジョークを交わすなど女性らしさも兼ね備えています。

また、彼女が操縦していたA-wingの機内は下記ような構造になっており、これをいとも簡単に操縦していた、ターリーの技術力は素晴らしいものがあります。

【最後のジェダイ】ブルーリーダーのターリー役の女優は誰?

ターリー役:ハーマイオニー・コーフィールドについて

名前  :ハーマイオニー・コーフィールド(Hermione Isla Conyngham Corfield)
生年月日:1993年12月19日
出身地 :イギリス・ロンドン
職業  : 女優・モデル

日本でも人気の高いトム・クルーズ主演作『ミッションインポッシブル ローグ・ネイション』に出演していることで有名なイギリスの若手女優さん。

ハーマイオニー・コーフィールドは2016年度の「世界で最も美しい顔なりたい顔女性ランキングベスト100」に90位でランクインしています。戦闘員としては美しすぎますね!

主な代表作について

ミッション:インポッシブル-ローグネーション

「ミッション:インポッシブル-ローグネーション」では、レコードショップの美人店員で出演しています。

ネット上でも美しい!素敵といった声が多く、ただ、今作でもスターウォーズ同様、最終的には死んでしまうので残念という声もありました。

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

1947年、現役を引退していた私立探偵のシャーロック・ホームズ(93歳)の物語。

この作品で、ホームズが自分を引退に追い込んだアン・ケルモット夫人の事件を描いた映画を鑑賞します。

その中に1分ほど出てくるアン・ケルモット夫人こそが、ハーマイオニー・コーフィールドです。めちゃくちゃちょい役です。

トリプルX:再起動

アクション映画「トリプルX:再起動」。

激しいアクションシーンもさることながら、ハーマイオニー・コーフィールドさんの水着で泳ぐシーンは惚れ惚れすること必須です!

まとめ

・ブルーリーダーのタリサン役を演じていたのは、ハーマイオニー・コーフィールド
・過去にも「ミッション:インポッシブル-ローグネーション」「トリプルX:再起動」などにも出演している

美しいリーダー役のハーマイオニー・コーフィールドさん。今のところ、あまり知名度も高くないようなので、今後の活躍に期待したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました