「ホームアローン3」子役が変わった理由は?アレックス・D・リンツの現在についても

クリスマスや年末のシーズンの定番となっている「ホームアローン」シリーズ。

「ホームアローン3」では、敵はハイテク機器を駆使する国際犯罪集団で、そんな強敵に立ち向かうのは、シカゴに住む8歳の男の子アレックス。

しかし、主人公の少年は、前作の1と2と、子役が変わっています。

そこで、今回は『ホームアローン3』の子役が変わった理由と子役アレックス・D・リンツの現在についてご紹介します!

「ホームアローン3」子役が変わった理由は?

『ホームアローン』のヒットで世界一有名な子役となったマコーレー・カルキンくんは、なぜ交代してしまったのでしょうか。

交代した理由①:年齢

『ホームアローン1』でマコーレーくんが演じたときの年齢は10歳。“2”では12歳となっています。

『ホームアローン3』の政策はそれから3年後となってしまい、マコーレー・カルキンは15歳となっていました。

”3”の主人公アレックスの年齢は「8歳」

15歳の少年が8歳の少年を演じるということは、見ていて明らかに無理が出てしまうので変更となってしまいました。

交代した理由②:父親の虐待と裁判

子役時代には父親キットから身体的・精神的な虐待を受けており、過去の取材で「『ちゃんとやらないと殴るぞ』と脅されていた」「全部の傷跡を見せることができるよ」と答えており、休みもほとんどとらせてもらえなかったとのこと。

また、虐待は家族全体に及んでおり、その矛先が向けられたのが『ホーム・アローン』で成功したマコーレーで、「彼(父親)が人生でやろうとしていた全てのことを、僕は10歳になる前にやってしまったんだ。彼より優れていると妬まれた」と答えていました。

マネージャーであった父親は、仕事の相手に対して非常識な要求をするようになり、子役の仕事も激減。

さらに『リッチー・リッチ』(1994)の撮影後(マコーレー14歳ごろ)に両親が離婚し、マコーレーが稼いだ約17億円のめぐって泥沼の裁判をおこしていました。

結局、裁判所が「マコーレーの稼いだお金は家族ではなくマコーレーの会計士が管理するように」と命じ、父親は財産を放棄。

こういった父親からの虐待や家庭のごたごたがあったため『ホームアローン3』のどころではなくなったようです。

「ホームアローン」であんなに無邪気に笑っていたマコーレーの裏ではかなり過酷な子供時代を過ごしていたようですね。。。

マコーレー・カルキンの現在について

マコーレーカルキンと言えば、2004年にはマリファナ所持での逮捕が報じられたり、2010年代には痩せこけた姿が話題になり、一時は「薬物中毒説」や「死亡説」も囁かれたほどでしたが、現在39歳になった彼は若々しく健康的な外見と清潔感を取り戻しています。

動画はマコーレーが38歳でアメリカの人気トーク番組に出演した際の映像ですが、少年時代のような可愛さを取り戻し、トークも薬物をやっていたとは思えないほど軽快に話しているようにも見えますね。

また2016年から一旦引退した俳優活動を再開しており、2018年のクリスマスにはGoogleアシスタントのコマーシャル・フィルムに出演し、『ホーム・アローン』のケビンを26年ぶりに再演し大きな話題となっています。

ホーム・アローン3の主人公役アレックス・D・リンツの現在

アレックス・D・リンツのプロフィール

名前  :アレックス・D・リンツ(Alex D. Linz)
生年月日:1989年1月3日
出身地 :米国カリフォルニア州サンタバーバラ
身長  :174cm

2019年現在30歳になっており、子供時代の可愛さも残しつつも、かなりイケメンになっているようですね!

「ホーム・アローン3」以降の活動について

『ホーム・アローン3』以降も、映画やドラマに出演しており、1999年公開のアニメ映画『ターザン』では子供の頃のターザンの声を担当。

2001年には、映画『トラブル・キッズ マックス・キーブルの大逆襲』に主演しました。

その後も映画やドラマに出演していましたが、2007年の映画『Choose Connor』を最後に俳優を引退しています。

その後、カリフォルニア大学バークレー校に進学、2011年に卒業。

在学中は演劇グループjericho!に参加していましたが、卒業後に俳優復帰はしておらず、現在は一般人として生活しているようです。

まとめ

・ホームアローン3で子役が変わったのはマコーレカルキンの年齢と家庭環境等が原因
・マコーレ・カルキンは薬物中毒等の噂が流れたが、現在、俳優として再度活躍している
・ホームアローン3の子役アレックス・D・リンツは現在は俳優を引退し、一般人として生活している。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました