名探偵コナン瞳の中の暗殺者の「知る必要はないこと」は実際に使われている?小田切警視庁の敬礼の意味についても

アニメ

名探偵コナン瞳の中の暗殺者で、「知る必要のないこと」という意味で need not to know という言葉が使用されていました。

この映画の中では2回出てきており、1回目は白鳥刑事の妹のパーティのとき。

2回目は事件解決後に小田切警視庁に向けて「Need not to know.僕はただの小学生だよ」と言っていました。

SNS上でもこのセリフがかっこいいという意見も多いようです。

そこで今回は、そんなかっこいいセリフ need not to know(知る必要のないこと)について調べてみました!



名探偵コナン瞳の中の暗殺者の「知る必要はないこと(need not to know )」は実際使われている?

need not to know の語源は「need to knowの原則」

衆議院のホームページ上では、公務員の守秘義務について以下のように記載がありました。

「秘密保全体制の見直し・強化について」(平成十二年十月二十七日 防衛庁)は、その検討結果のひとつとして「情報漏えいのリスクを不必要に高めることを防止するため、いわゆる「need to knowの原則」(「情報は知る必要のある人のみに伝え、知る必要のない人には伝えない」という原則)を徹底し、関係職員の指定に当たっては、秘密に関する事務を行う者として相応しい者を厳正に峻別・限定し、必要最小限の指定にとどめる」ことを挙げている。

つまり、公務員は秘密事項に関しては、情報を知る権利のある人には情報を教えて、それ以外の人には決して教えてはいけないという原則があるようです。

need not to know については、衆議院のホームページ上では確認できませんでしたが、意味合い的にも、この「need to knowの原則」をもじって作品に使用したようです。

警察の世界では「知る必要はないこと(need not to know )」使われている?

作品の中では、「知る必要はないこと(need not to know )」は警察の中で使用されている隠語として説明されていました。

実際に使われているのでしょうか?

これについて調べたところ、実際には使われていないようです。

ただ、警察も公務員であることには変わりないため、先ほどお伝えした、「need to knowの原則」には従っているため、常用の言葉ではないものの、その原則自体には従っているのかもしれません。

小田切警部の敬礼の意味について

事件解決後、小田切警視長が『..君はいったい』とコナンに尋ね、コナンはこう返していました。

「Need not to know.僕はただの小学生だよ」

これに対し、小田切警視長は悟ったかのように敬礼をしましたが、この意味については特に触れられず終わっていました。

「Need not to know(知る必要のない事)」は刑事達の間で使われる隠語であり、この作品中で キーワードにもなっている言葉で、下の人達に言えない事がある時等に使われます。

コナンにこの言葉を言われた小田切警視長は、自分が踏み込んでいい領域ではないと悟り、自分よりも実力があるコナンに対し、敬意を表した行動ということでしょう。

小学生にも関わらず、警視長を屈服させるコナンの推理力や行動力は底がしれませんね!

まとめ

・「知る必要はないこと(need not to know )」の語源は公務員の「need to knowの原則」になっている
・実際には「知る必要はないこと(need not to know )」は使われておらず、作品の中のオリジナルの造語
・小田切警視長の敬礼はコナンの底知れぬ実力に敬意を表したもの。

「need not to know(知る必要のないこと)」は答えたくない質問が来た時に使える便利な言葉でもあるので、つい使いたくなってしまいますね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. がう より:

    普通によく読めてハマってしまってみたら終わってましたww

タイトルとURLをコピーしました