「アナと雪の女王」アナのそばかすが好評価!エルサの肌との違いと似てない理由についても

2014年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』は日本で社会現象となるほどの人気を獲得しました。

作中の主題歌や細部に隠された秘密など、細部にまでこだわっている作品ですが、作品中で、主人公の1人、アナにはそばかすが多く見られます。

そのそばかすが肩にまで描かれており、リアリティがあります。

今回はそんなアナのそばかすについて、みんなの評価とともに、アナとエルサの肌の比較についても考察していきます!

「アナと雪の女王」アナのそばかすが好評価!その理由とは?

アナのそばかすが肩まである理由

日本人が描く白人ってシルク肌で凹凸があってお人形さんみたいな美しさを表現することが多いですが、ディズニーだと見栄えの悪くなるそばかすまで忠実に描いていています。

この理由として、ディズニーを製作している欧米ではよりリアリティのある映像を作る傾向があり、よりリアルに表現するために肩にまでそばかすを描いたのです。

小綺麗なCGで終わることなく、より現実に近づけることで、キャラクターに人間味や親近感を持たせ、 映画に入り込んで欲しいという願いもあるのかもしれません。

アナのそばかすについての声

「アナと雪の女王 そばかす」と調べると多かったのが、
”そばかすかわいい”や”そばかすがリアル”といった意見で そばかすがあることによって、より可愛さが増し、そして愛着を持ってアナを見ているようです。

また肩までそばかすを描写していたことから、その細部へのこだわりを評価している声もありました。

これ以外にも、もともとそばかすが苦手な人は、”汚い”といった評価をしている方もいましたが、 ほとんどが好評価をつけていて、制作側の意図がうまく伝わっていたようですね!

エルサの肌との違いと似てない理由についても

アナにそばかすが多い理由:元気な子だったから

アナはキャラクター上、性格は明るく子供時代からよく動き回る元気な子でした。

エルサの魔法を知られないために城の門が閉じられていましたが、その中でもお城の庭などで遊んでいたのは容易に想像できます。

そばかすは紫外線を浴びる事により、メラニン色素が過剰に作り出されることでできると言われおり、活動的であったアナはそばかすがより目立つようになったのではないでしょうか。

そばかすは遺伝的なものでもありその場合は年を追うごとに薄くなっていくようで菅、アナの場合、外に出ることも多く紫外線を受けやすかったため、濃くなっていったことが考えられます。

アナのそばかすは遺伝+外での活動が多かったというところから、キャラ設定も踏まえて、そばかすが強調されたようですね!

エルサにそばかすが少ない理由:部屋に閉じこもっていたから

エルサにもそばかすがあることから、姉妹ともにそばかすができやすい体質であることがわかります。

しかし、アナに比べ、エルサにそばかすが少ないのは、魔法を人に知られないために部屋に閉じこもっていたからです。

先ほども述べましたが、そばかすは紫外線を浴びる事によりできるため、太陽の光も直接浴びておらず、部屋の中にいたエルサはアナに比べてそばかすが少ないと考えられますね!

まとめ

・アナのそばかすが肩まであったのは、よりリアリティを持たすため
・アナのそばかすについては、かわいいやリアルといった好評価が多かった
・アナとエルサの肌の違いは、紫外線を浴びる量に比例していた

細かいところまでこだわって作っているディズニー作品。見れば見るほどそのすごさに感嘆させられますね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました