翔んで埼玉のクラス分けの詳細一覧まとめ!A組B組C組ぞれぞれの都会指数についても

映画・アニメ

2019年に公開された「翔んで埼玉 」

作品でも印象的なセリフも多く、かなり埼玉をディスっています。。。

「埼玉県民は草でも食べさせとけ!」

「ああ、いやだ、埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

「埼玉県民じゃないなら、この草加せんべいを踏めるのか!」

埼玉をディスる演出の一つとして、クラス分けがありました。

クラス分けをすると優劣がはっきりしてしまい、よりクレームなどが来そうですが、逆に面白かったと評判です。

そこで今回は、白鵬堂学院でのクラス分けについて、まとめてご紹介します!


翔んで埼玉のクラス分けの詳細は?

翔んで埼玉に出てくる都会指数とは?

どれだけ都会的な環境に住んでいるかを表す指数を「都会指数」と言い、東京の中心都市であればあるほど、大きくなります。

都会指数が高く、絶対的な地位を確立している東京都民はそのことを鼻にかけて埼玉県民への差別をするのが横行しています。

また、埼玉・茨城への苛烈な差別のほかにも、国会議員は実はすべて東京都民だったりとかなり偏った基準をもとに判断が下されています。

翔んで埼玉のA組B組C組ぞれぞれの都会指数について

A組:赤坂・青山

https://twitter.com/m_tondesaitama/status/1088321210553839616?s=20

A組の生徒は都会指数が高く、住んでいる場所は、赤坂や青山などのおしゃれで、気品溢れるところに住んでいます。

B組〜D組:都会の上位層/中央区・新宿区・横浜

B組〜D組は都会の上層位である、中央区や新宿区、また都内ではないですが、横浜もA組についで都会指数が高いとされています。

また、B組〜D組についてはその住む場所によってクラス分けがされており、A組と違って、少し落ち着いた制服になっているようです。

E組:田無・八王子

https://twitter.com/himawarino0901/status/1105113889350410242?s=20

E組は田無・八王子から通っている生徒が集まるクラス。東京に住んでいはいるものの、田舎扱いをされており、作品中でもA組の生徒に「都会指数ゼロ」と罵られていました。

Z組 元埼玉県人のクラス

https://twitter.com/m_tondesaitama/status/1088384784353488896?s=20

Z組は、元埼玉県人で、今は東京に住んでいる人たちが集うクラス

Z組は他のクラスと比べて環境が悪劣で、木の下のオンボロ小屋に埼玉県民の学生を通わせている上、迫害が横行しています。

実写映画版で、女子は肘宛て付きのセーラー服にスカートではなくゲートルにもんぺで靴は地下足袋のちぐはぐな服装、男子は上下揃ったみすぼらしい制服を着た状態で登場している。

その他のエリアのクラス分けについて

今回のストーリーの舞台である、白鵬堂学院はクラスはA組からZ組に分けられていますが、作中で紹介されたのは、上記のA〜E組とZ組のみ。

そのほかのクラスについての詳細なクラス分けについては原作でも紹介されていないようでした。

ツイッター上でもその他のエリアについても詳細が知りたいという声がありましたが、現状ではわからないようです。

https://twitter.com/como_esta_aksk/status/1093849000640278530?s=20

まとめ

・物語の舞台である、白鵬堂学院はクラスはA組からZ組に分けられている。
・クラス分けは都会指数によって分けられ、埼玉県人はZ組に入れられ、差別されてしまう
・詳細なクラス分けの紹介はなく、現状A〜E組とZ組のみの紹介で止まっている

埼玉をディスりまくっているこの作品。このクラス分けについても、クレームが上がってもいいような気がしました。

しかし意外と、面白いと言っている人も多く、埼玉県の人にとって共感できる部分も多くそう言った評価につながったのかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました