翔んで埼玉で埼玉人はトンネルを本当に掘っていた?撮影場所のトンネルのロケ地についても

映画・アニメ

2019年公開の映画「翔んで埼玉」
「埼玉県民は草でも食べさせとけ!」

「ああ、いやだ、埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

「埼玉県民じゃないなら、この草加せんべいを踏めるのか!」

と言った有名なセリフが印象的な作品。

『パタリロ』で知られる魔夜峰央ならではの倒錯した薔薇の世界観は常に気品高くもどこかクレイジーで、その甘美な闇の魅力をもって、悪口すらもアートに変えてしまう突き抜けた気持ちよさに満ち溢れています。

そんなクレイジーな作品の中で、ある都市伝説が話されていました。

それは、「海に憧れすぎて千葉の海からトンネルを掘ってる」という都市伝説。

本編ではバカな埼玉人とディスられていましたが、面白いことにSNS上ではそれが事実だと言ったツイートが見られました!

そこで今回は、本当に埼玉人はトンネルを本当に掘っていたのかについて、ご紹介していきます!


翔んで埼玉で埼玉人はトンネルを本当に掘っていた?

春日部から海につながるトンネルについて

SNS上で挙げられていたのは、春日駅の西口と東口をつなぐ、地下道でした。

地下道の両脇には端から端まで、クジラやイルカ、カサゴなど様々な海の生き物が描かれています。

また、入り口にも、「AQUARIUM」と描かれていて、埼玉県で少しでも、海を感じてもらいたかったという気持ちとともに、

「翔んで埼玉」と同じように、海なし県だからこその、海への憧れがあったのかもしれませんね!

埼玉県人は本当にトンネルを掘っていたのかの結論

本編で語られていたように、埼玉県人は本当にトンネルを掘っていたのかについての結論ですが、

本編で語られていた、「海に憧れすぎて千葉の海からトンネルを掘ってる」設定はフィクションであると考えられます。

今回、ご紹介した地下道の壁画については、やはり海への憧れが作り出した産物というところたと思います。

そのため、実際にトンネルを掘って海と埼玉を繋げようとしたとは考えにくいからです。

翔んで埼玉の撮影場所のトンネルのロケ地について

演説スピーチのロケ地は恩廻公園調節池

「海に憧れすぎて千葉の海からトンネルを掘ってる」という設定はフィクションでしたが、作品中では、実際にあるトンネルを使っているシーンがありました。

それは、最後に麗と百美が演説するシーンです。このシーンでは実際に神奈川県にある「恩廻公園調節池」が使用されました。

まとめ

・春日部から海につながるトンネルは地下道で埼玉県人のが掘ったトンネルではなかった
・翔んで埼玉の撮影で実際に使われたトンネル(恩廻公園調節池)がある

様々な面白設定がある「翔んで埼玉」。見ていて本当に面白かったですね!

今回紹介した春日部駅や実際のロケ地を見てみると、また新たな発見があるかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

「翔んで埼玉」で合わせて読みたい記事はこちら!

>>翔んで埼玉のクラス分けの詳細は?A組B組C組ぞれぞれの都会指数についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました