【十二人の死にたい子どもたち】ゴスロリ少女・ミツエ役古川琴音とは?方言や演技力についても

映画・アニメ

冲方丁にとって初のミステリー作品『十二人の死にたい子どもたち』。

作中で一際存在感を放っていた大ファンのバンドマンを崇拝するゴスロリ少女・ミツエ(3番)。

このミツエ役を演じていたのは、新人女優・古川琴音さんです。

今回は、十二人の死にたい子どもたちのゴスロリ少女・ミツエ役古川琴音さんのプロフィールや演技力についてまとめてご紹介していきます!

『十二人の死にたい子どもたち』ミツエ役古川琴音さんとは?

古川琴音さんのプロフィールは?

名前  古川琴音(ふるかわ ことね)
生年月日  1996年10月25日
出身  神奈川県
職業 女優

過去の出演作について

テレビドラマ
義母と娘のブルース 第9話(2018年) シホ 役
部活、好きじゃなきゃダメですか?(2018年) 小森 役
凪のお暇 第4話・第5話(2019年) モル 役
サギデカ 第3話(2019年) 福田亜佐美 役
おやすみ、また向こう岸で(2019年) カナコ役
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第3話(2020年) 安達智花 役
映画
春(2018年) アミ 役
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年) 由美 役
チワワちゃん(2019年 サヤカ 役
十二人の死にたい子どもたち(2019年) ミツエ 役
街の上で(2020年) 田辺冬子 役
CM
リンクアカデミー 資格スクール大栄「公務員になろう」(2018年)
沖縄県沖縄市 観光PR動画WEB「チムドンドンコザ」(2018年)
au WALLET クレジットカード「毎日おトク」篇(2019年)
マクドナルド ビッグマック「ティザー」篇/「Jr.」篇/「GRAND」篇/「Family」篇(2019年)
JT企業広告「想うた」シリーズ「姉妹を想う」篇(2019年)

 

『十二人の死にたい子どもたち』古川琴音さん演じるミツエ役はどんな役?

ミツエの役柄はどんな役?

https://www.instagram.com/p/Bqj_Qp9lgus/?utm_source=ig_web_copy_link
3,078 Likes, 7 Comments - 映画『十二人の死にたい子どもたち』 (@shinitai12movie) on Instagram: “. 「集い」参加者リスト🗒 . #3番 ミツエ ・高校二年(16) ・ゴスロリ . #廃病院集合🏥 #しにたい12 #古川琴音”

16歳の高校2年生・ゴスロリ少女のミツエ(3番)。

敬愛していたバンドのメンバーが若くして亡くなったため、自らも彼を追うかのように自殺しようと考えます。

感情的なところがありますが、他人の痛みを理解しようとする場面が多くあります。

突然出てくる方言は何弁?

感情的なところがある、ゴスロリ少女、ミツエ。

感情的になり、声を荒げた際に急に方言を喋り出します

このシーンについては原作でも、コミカライズ版でも明示されていないため、映画版だけの特別な演出になっていたようです。

ちなみにミツエが感情的になった際に出る方言は広島弁

見逃してしまった人はもう一度見て確かめてみてくださいね!

『十二人の死にたい子どもたち』ミツエ役古川琴音さんの演技力評価は?

堤監督も認める才能の持ち主

古川琴音さんは幼少期にバレエをしていたことから、中・高で演劇部に入部。

その後、大学卒業前に、現事務所ユマニテのオーディションに参加し、見事合格。

2018年に芸能界デビューを果たすと、そこから1年もしないうちに「こんな夜更けにバナナかよ」「チワワちゃん」などに話題作に出演しました。

本人も頭の整理がつかないほどの速さで状況が変化しているようで、それほど演技力が高く評価されているのだと思います。

また、『十二人の死にたい子どもたち』の堤監督は公式サイトにて

「センシティブな若者の典型を体現できる才能ある女優です」

出典:映画『十二人の死にたい子どもたち』オフィシャルサイト

と評価しており、堤監督もお墨付きの若手女優ということですね!

SNS上での評価

SNS上での演技評価はほとんとがいい評価ばかりでした。

演技に深みがあり、リアリティがあるといった意見も多く、その分見えないところで熱心に研究して、努力を積み重ねているに違いありません。今後の活躍にも期待したいところですね!

まとめ

・『十二人の死にたい子どもたち』ミツエ役古川琴音さんは2018年デビューの若手注目女優
・演技の評価は高く、デビュー後様々なドラマや映画に出演中

まだまだ、若手ですが、今後の活躍にも期待したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました