【コンフィデンスマンJP】映画版は面白くないつまらない理由は?続編は面白いのかについても

映画・アニメ

2019年5月17日に公開した映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

ドラマで大人気だった作品が待望の映画化され、ダー子、ボクチャン、リチャードが日本を飛び出し香港へ飛び出します。

映画化されて好評を得ていたようですが、一部では「面白くない」「つまらない」「微妙」という評価もあるようです。

そこで、今回はなぜ「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」が「面白くない」と言われる理由について解説します。

また、続編が公開される「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」は面白いのかについても合わせてご紹介します。


【コンフィデンスマンJP】映画版は面白くないと言われる理由は?

謎解きが安っぽい・微妙

香港での海外ロケをしてお金をかけていたにもかかわらず、重要な謎解きの部分が安っぽいという意見がありました。

また、俳優の方の演技力によるものなのか、演技自体が安っぽいという意見もありました。

ストーリーが薄っぺらい

単純に話が面白くないというストレートな意見。

ドラマから映画化するにあたってパワーアップした作品になっているかと思いきや、意外とがっかり。

また、内容が薄っぺらく都合の良いようにストーリーが進んでいくことも面白くないと感じてしまった要因になっています。

ドラマほど面白くない

この意見が一番多く、ドラマからみてみて、期待して見たけれど、あんまり。。。

ドラマの方が面白かったという意見ですね。

映画ならではのどんでん返しや斬新さを期待したものの、読み通りの結果だったので残念という声もありました。

ドラマで目の肥えた視聴者を騙すことはなかなかできなかった結果が「つまらない」「面白くない」という感情を抱かせてしまったのでしょう。

コンフィデンスマンJP/プリンセス編は面白い?

映画の前作は、一部で「面白くない」「つまらない」との声も上がっていましたが、続編の「プリンセス編」はどうなのでしょうか?

SNS上での声を調べてみると、意外と期待しているという声が多かったです。

https://twitter.com/Kk__0722/status/1281884271406280705?s=20

主題歌を歌う「official髭男爵」の効果や前作の小栗旬の登場などもあり、楽しめるポイントが多いことが、期待する人が多い理由となっているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はなぜ「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」が「面白くない」と言われる理由について解説しました。

また、「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」は面白いのかについても調べたところ、期待しているという意見が多かったです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました