【コンフィデンスマンJP】映画版に小栗旬が出演していた?経緯やエンドロールの伏線についても

映画・アニメ

2019年5月17日に公開した映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

ドラマで大人気だった作品が待望の映画化され、ダー子、ボクチャン、リチャードが日本を飛び出し香港へ飛び出します。

その作中の中で、本当にわずかなシーンですが、小栗旬さんが登場しているのです。

今回は小栗旬さんの出演シーンと登場するに至った経緯について解説していきます!


【コンフィデンスマンJP】映画版に小栗旬が出演していた?

小栗旬さんは贋作の職人として登場

小栗さんがわずかに出演していたシーンは終盤でダー子と贋作の職人と話すシーン。

この映画では、パープルダイヤと呼ばれる伝説の何百億円もの価値があるネックレスがキーになっていました。

このネックレスを詐欺の標的である氷姫ことラン・リウ(竹内結子)が持っており、ダー子(長澤まさみ)とジェシー(三浦春馬)が奪い合い、最終的に赤星(江口洋介)の手に渡ります。

しかし、赤星の手に渡ったパープルダイヤを調べると贋作つまり偽物だったのです。

これはダー子が仕組んだ罠で、ダー子は台湾の贋作職人にあらかじめ頼んでいたのです。

その贋作を作る職人こそが小栗旬さん。

見た目はかなり変わっていて、髪はボサボサ、無精髭が生えていました。

途中で顔の見えない贋作職人が出てきて誰なんだろうと思っていましたが、まさか、小栗旬だったとは驚きです!

出演もわずか5秒程度のちょい役ということであまりに贅沢な使い方だなと思ってしまいました。

小栗旬のエンドロールの表記”from???”は伏線?

チョイ役だった小栗旬さん。役名はなかったものの、ちゃんと、エンドロールに名前は出ていましたね!

また、エンドロールで小栗旬さんのことを、ドラマ出演者を意味する「from ○○編」という表記で、「from???」と表現していました。

この演出に、ドラマ『運勢編』への出演もあったのか?と話題になりましたが、実際の出演はありません。

ただ、この「from???」には意味があります。

2020年にコンフィデンスマンJPの第2弾の公開が決定しており、そのキャストの中に小栗旬さんがいるのです!

コンフィデンスマンJPはドラマも最終回が初回の前に起こった出来事だったり・・・と、時系列をずらして、視聴者も騙すような演出をして楽しませてくれるドラマ。

その演出をキャストの発表にも利用したもの。

つまり、「from???」は映画第2弾からの出演ということで、「fromプリンセス編」を意味しているんです。

 

小栗旬は運勢編にも登場していた?

SNS上では小栗旬が運勢編にも登場していたという声もありました。

今回の出演についてもドラマでの登場がきっかけで友情出演という流れであれば、ちょい役での出演も納得がいきます。

しかし、実際には運勢編では小栗旬は登場しておらず、勘違いのようです。

ただ、この運勢編には、今回のロマンス編に登場したモナコが登場しています!

【コンフィデンスマンJP】小栗旬の出演の経緯は?

出演の経緯は脚本家?

https://twitter.com/uuxytsrMteV0KMk/status/1254760189015650306?s=20

映画「コンフィデンスJP」の脚本を担当したのが、古沢良太さん。

そして小栗旬さんが出演した映画「キサラギ」の脚本も古沢良太さんが手掛けています。

可能性として考えられるのは、脚本を担当した古沢良太さんの友情出演。

ただ、2020年に公開の「コンフィデンスマンJP プリンセス編」に小栗旬さんも登場していることから、友情出演ではなく、続編への伏線として出演した可能性が高いですね!

続編ではどのような活躍を見せてくれるのかが楽しみですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は小栗旬さんの出演シーンと登場するに至った経緯について解説しました!

ロマンス編ではちょい役での登場でしたが、続編のプリンス編ではどのように活躍するのかがとても楽しみですね!

「コンフィデンスマンJP」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【コンフィデンスマンJP】ダー子が煙を吐く食べ物はドライアイス?その正体について

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました