【パラサイト半地下の家族】石の意味は?水石は偽物だったのかについても

映画・アニメ

2019年に公開された映画「パラサイト 半地下の家族」

本作は、韓国の名匠ポン・ジュノ監督による予測不能のジャンル超越エンターテインメント作品となっています。

本作は作中に様々な隠された意味が散りばめられていると言われており話題になっています。

その中でキム家のターニングポイントとなったミニョクから貰った「山水景石」

映画の中では水没しかけた家から持ち出したり、「石が離れない」と意味深な発言もしていましたが、この石にはどう意味があるのでしょうか?

また、飾っていた水石が水に浮かんでいる場面がありました。

水石は本物ではなく、偽物だったのでしょうか?

そこで今回は「パラサイト 半地下の家族」の″石″の意味や水石が偽物だったのかについて解説します!


【パラサイト半地下の家族】石の意味は2つある?

「貧困から抜け出したい」という希望の象徴

キム家が暮らすのは、韓国における貧困層の象徴である「半地下」。

そんな家に住むキム家の長男・ギウは富裕層の友人・ミニョクから山水景石を貰います。

友人から富をもたらす教えてもらいますが、ギウの母は食べ物でないため全くの無関心。

そもそも、「水石」は金持ちの家にあるもので、ギテクの家には似合わない全く異質のものですが、ギウは半地下の家には相応しくない石に興味を示します。

もしかしたら、家族の中で一番半地下暮らしの現状を打開したいと考えていたのかもしれません。

そのため、ミニョクからもらった富裕層の趣味のアイテムに興味を抱いたのでしょう。

その後、富裕層のパク家にギウが家庭教師として働くのをきっかけにパク家への寄生を開始。

キム家は家族全員でパク家への寄生に成功し、貧困から抜け出せる兆しを見せます。

冒頭でミニョクが「富をもたらす」という言葉を言っていたこともあり、ギウはあの石に希望を見出していたのでしょう。

「分不相応」の象徴

https://twitter.com/bonnenuts/status/1312428773006962689?s=20

キム家の長男・ギウにとって、あの石は希望の象徴でしたが、ポンジュノ監督が表現したかった意味合いとしては「分不相応」があるのではないかと考えています。

劇中で半地下の家の壁には「安分知足」という額縁が飾られていました。

安分知足とは「現在の自分が置かれた境遇に満足し、不平不満を抱かないこと」つまり、「分相応の生き方をしないさい」というメッセージです。

この額縁を誰が飾ったのかは分かりません。

ただ、父・ギテクは過去に台湾カステラで独立を試みた結果、借金を抱えていたことからも、「安分知足」ギギテクが飾った家訓なのではないかと考えられます。

過去に高望みをしたことで人生が転落した経験から戒めの意味を込めて飾っていたのでしょう。

しかし、ギウがパク家の家庭教師になってからは「安分知足」とは逆の行動を取り始め、今の生活から抜け出したいという思いがキム家に「分不相応なパク家への寄生」を選択させたのです。

寄生を始めたキム家は、物語の後半でパク家の元家政婦に秘密が露呈し、その結果、元家政婦の夫にキム家の長女は殺され、ギテクはパク社長を殺害。

分不相応な生活を望んだ結果、キム一家は有罪判決を受け、寄生前の生活より悲惨な状態になってしまうのです。

「安分知足」の教えを守らなかったキム家に天罰が下ったとも言える展開で、こうした点を踏まえると監督はあの石に「分不相応」の意味を込めていたのではないでしょうか。

ギウが石を持ち出した理由や石が離れないといった意味は?

映画の中盤、大雨で半地下の家が水没しかけるシーンがありました。

水没が始まっている半地下の家でギウはわざわざあの山水景石を持ち出しました。

重たく、邪魔になりそうな石よりも今後の生活を考えて、持ち出すものはいっぱいあったはず。

なぜ彼はあんな行動に出てしまったのでしょうか。

石を手放せば貧困から抜け出せないと思った

ギウが水没する中で石を持ち出した理由は「石を水没させたら貧困から抜け出せないと思ったから」だったのではないかと考えられます。

ギウは上記でもお伝えしたように、水石を現状を変える希望の象徴として捉えていました。

そのため、水没させ、手放してしまえば今ある希望の光(富裕層としての生活)すらも手放し、貧困から抜け出せないと感じたのでしょう。

家が水没するシーンの前では、前家政婦に秘密がバレてしまいギウ達の立場は危うくなっていました。

そうした中追い打ちをかけるように本当の我が家・半地下の家が水没していたため、「希望の象徴である石だけは何としても守らないと!」という心理があったのではないでしょうか。

また、水石があることで精神状態を保っていたのかもしれません。

石が離れないと言った意味

大雨により避難した体育館で父・ギテクがギウに対しなぜ石を持っているのか聞いた際、ギウは「石が離れない」と言っていました。

とても意味深なセリフに感じましたが、どういった意味があったのでしょうか?

ギウの「石が離れない」といった背景には「貧困に戻りたくない」というギウの強迫観念があったのではないかと思います。

パク家の前家政婦に秘密がバレてしまい、逃げるようにパク家から出ていきました。

しかし、帰るべき家は大雨で水没してしまいほとんどの財産を失っています。

ギウとパク家への寄生で得た裕福な生活を手放したくという思いが強くなったはず。

そんな待望のチャンスを手放したら、半地下の家すら失ったキム家にとっては最悪の事態です。

そのため、何としても寄生生活に戻りたいと考えていたギウは、希望の象徴である石を手放すわけには行かないと思ったのではないでしょうか。

こうした背景から「石が僕から離れない」という意味深な台詞が出てきたのでしょう。

【パラサイト半地下の家族】水石は偽物だった?

大雨のせいで浸水した半地下のキム家で、飾っていた水石が水に浮かんでいる(ように映している)場面があります。

これは、映画冒頭での「その日暮らしで根無し草のように流されるしかない」キム一家にとって「希望の象徴」であった水石の意味合いを裏切る光景です。

実際のところ、洪水をきっかけにしてパク家へのパラサイト生活に危機が訪れます。

そんなときに本物だと思っていた水石が空洞で偽物だったことを知り、長男ギウが「希望の象徴」として信じてきた水石や今の生活に疑念が生じることが暗示されています。

疑念を感じたギウでしたが、浸水した家から水石を拾い上げなければならなかった。

自分が巻いた種により、悪化しつつある事態の責任が重くのしかかってきている。そんなギウが直面していた状況を表していたのではないでしょうか。

洪水があったあと、パク家ではヨンギョ夫人の気まぐれでパーティーが開かれます。

庭先で開かれているパーティーを2階から見下ろしながら、長男ギウはある覚悟をしていました。

見かけだけ力のあるの水石の力を借りて、自分の計画を邪魔する要因を排除すること。

しかし、見かけだけのものに本当の力はなく、ギウの計画も失敗におわり、キム家は崩壊、寄生生活も終わりを迎えてしまうのでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「パラサイト 半地下の家族」の″石″の意味や水石が偽物だったのかについて解説しました。

石を通して、さまざまな意味を暗示していた本作品。

今回ご紹介した考え方も参考にして、見てみると新たな発見があるかもしれませんね。

また、「パラサイト 半地下の家族」を監修したポン・ジュノ監督は韓国では有名な監督と知られていて、

「殺人の追憶」や「スノーピアサー」、「ほえる犬は噛まない」などの作品も評価を得ています。

今ならU-NEXTで実質無料で見ることができるので、気になった方はぜひ見てみてはいかがでしょうか?

「パラサイト 半地下の家族」について合わせて読みたい記事はこちら!
>>【パラサイト半地下の家族】奥さんの時計回りやドラッグの意味は?ラブシーンから考察!

>>【パラサイト半地下の家族】父親は最後になぜ刺した?その後の地下生活についても

>>【パラサイト半地下の家族】家政婦のクビ理由は?顔の傷や怪我の原因についても

>>【パラサイト半地下の家族】ダヘはバラの花ではなく牡丹の花?男性依存説についても

>>【パラサイト半地下の家族】3匹の犬の名前や種類は?登場した意味を考察!

>>【パラサイト半地下の家族】弟ダソンの絵の意味は幽霊?モールス信号やインディアンの意味についても

 

『パラサイト 半地下の家族』を「見逃した!」「もう一度見たい!」という方は次の手順で無料視聴することができます!

『パラサイト 半地下の家族』を無料視聴する方法

 

U-NEXTの無料トライアルに登録!

『パラサイト 半地下の家族』を無料で見放題!

他の作品も無料で視聴する!

31日間以内に解約で料金は”タダ”

 

\この作品を無料で観るならコチラ/

サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

U-NEXTの登録方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで登録する方法!

U-NEXTの解約方法はこちら

>>U-NEXTにスマホで解約する方法!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました