ここさけの主題歌から挿入歌まで使用楽曲の曲名を紹介!ミュージカルシーンとの比較も!

アニメ

映画「心が叫びたがってるんだ。」には、主題歌や挿入歌、またミュージカルシーンでも様々な楽曲が使用されています。

今回は「心が叫びたがってるんだ。」で使用されている楽曲をまとめてご紹介します!

また、ミュージカルシーンは原曲と劇中の曲をまとめていますので、比較してみてください!

目次

「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌や挿入歌などについて

主題歌

「今、話したい誰かがいる」

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:Akira Sunset、APAZZI
編曲:Akira Sunset、APAZZI

歌詞は『心が叫びたがってるんだ。』の脚本を担当した岡田麿里が秋元康に映画の内容を説明することによって作品に沿った「ドンピシャの歌詞」が書き下ろされ、映画のストーリーとつながる構成になっています。

挿入歌

「Harmonia」

歌手:コトリンゴ
作詞:コトリンゴ
作曲:ミト(クラムボン)
編曲:ミト(クラムボン)

「Harmonia」をの作曲を担当したミトさんは、脚本の岡田麿里さんが「ミュージカル詳しい?」って声をかけてくれたのが始まりで、本作品の伴奏を担当することになったとのこと

劇中歌

「Over The Rainbow」

歌手:清浦夏実
作詞:エドガー・イップ・ハーバーグ
作曲:ハロルド・アーレン
編曲:ミト(クラムボン)

「Over The Rainbow」はクライマックスで使用されるシーンの曲の一つ。編曲をした、ミトさんが小さい頃に行なっていた異なる曲を繋げるという遊びをしていたことから、「悲愴」と「Over The Rainbow」を組み合わせたとのこと。

「伊勢佐木町ブルース」

歌手:さとうささら
作詞:川内泰範
作曲:鈴木庸一

「伊勢佐木町ブルース」はもともとは、青江三奈の楽曲で今回は、歌についてはさとうささらが担当しました。

※さとうささらは、デジタルサイネージの CeVIO Vision、音声合成ソフトウェアの CeVIO Creative Studio に登場する、CeVIOプロジェクトの女性キャラクターの名称

「栄冠は君に輝く」

作詞:加賀大介
作曲:古関裕而

「栄冠は君に輝く」は全国高等学校野球選手権大会の行進曲としても有名な曲として知られています。

「青い栞」

作曲:尾崎雄貴(Galileo Galilei)

「青い栞」はあの花のオープニングソングとしても使用されていますね!

ミュージカルシーンで使われている曲と原曲を比較!

第一幕:「Swanee」/「あこがれの舞踏会」

「Swanee」

「Swanee」は、20世紀の初頭「ワンステップ曲」という軽快なダンスが大流行していたため、その流行に乗ろうと、作曲した作品。作曲の時間としては30分足らずだったとのこと。

「あこがれの舞踏会」

原曲・作曲:ジョージ・ガーシュウィン
劇中の歌手:少女と王子

第二幕:「Summer time」/「光のない部屋」

「Summer time」

「Summer time」はもともとオペラの曲として作曲されたが、現在ではジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われている。

「光のない部屋」

原曲・作曲:ジョージ・ガーシュウィン
劇中の歌手:少女と謎のダンサー

第三幕:「ダローガイ・ドリーンナィユ」/「燃えあがれ」

「ダローガイ・ドリーンナィユ」

「ダローガイ・ドリーンナィユ」 は「悲しき天使」の原曲と知られており、イギリスのメリー・ホプキンが歌ったことで大ヒットしました。

「燃えあがれ」

原曲・作曲:不明
劇中の歌手:少女と街の人々

第四幕:「アラベスク」/「word word word」

「アラベスク」

「アラベスク」はブルグミュラーがピアノの「25の練習曲」として作曲した者の中の一つ。16分音符と8分音符の組み合わせで何回も繰り返されるリズムが特徴です。

「word word word」

原曲・作曲:ヨハン・ブルグミュラー
劇中の歌手:少女と街の人々

第五幕:「グリーンスリーブス」/「わたしの声」

「グリーンスリーブス」

「グリーンスリーブス」は伝統的なイングランドの民謡の一つとされています。

「わたしの声」

原曲・作曲:不明
劇中の歌手:少女(心の声)

第六幕:「Around the World」/「玉子の中にはなにがある」

「Around the World」

「Around The World」は、映画「八十日間世界一周」のテーマ曲に使用されています。

また、「心が叫びたがってるんだ。」では、主人公である坂上拓実がこの曲に歌詞をつけて歌うシーンに加えて、随所にこの曲が使用されており、本編で一番記憶に残る曲ですね!

「玉子の中にはなにがある」

原曲・作曲:Victor Young
劇中の歌手:王子

第七幕:『ピアノソナタ第8番 悲愴』「第2楽章」/「心が叫びだす」

『ピアノソナタ第8番 悲愴』「第2楽章」

『ピアノソナタ第8番 悲愴』1798年にベートーヴェンが作曲したピアノソナタ初期の代表作で、 第14番「月光」・第23番「熱情」と共にベートーヴェンの三大ピアノソナタの一つとしても数えられ、人気も高い作品でもあります。

「心が叫びだす」

原曲・作曲:ベートーヴェン
劇中の歌手:少女(心の声)、花や鳥たち

最終幕:「Over the Rainbow」/「あなたの名前を呼ぶよ」

「Over the Rainbow」

「Over the Rainbow」は1939年のミュージカル映画『オズの魔法使』でジュディ・ガーランドが歌った劇中歌

「あなたの名前を呼ぶよ」

原曲・作曲:ハロルド・アーレン
劇中の歌手:少女(心の声)・玉子・世界の人々

まとめ

・作品中には、様々な楽曲が使われており、物語を盛り上げている
・ミュージカルシーンでは、原曲にオリジナルの歌詞をつけて歌っている

映画「心は叫びたがってるんだ。」はアニメ作品としてみても、感動するところも多くそれだけでも、楽しめるのですが、様々な音楽が使われているため、改めて曲に注目してみてみると違った視点で、作品を楽しむことができるかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました