12人のしにたい子どもたちのマイ役(11番)吉川愛さんとは?ヘルペスや演技力についても

映画・アニメ

冲方丁にとって初のミステリー作品『十二人の死にたい子どもたち』。

十二人の死にたい子どもたちのキャストは非常に豪華でその顔ぶれが話題となりました。

その中で、今回は『十二人の死にたい子どもたち』に出演する11番のマイ役を務めた、吉川愛さんについて紹介していきます!

12人のしにたい子どもたちのマイ役(11番)吉川愛さんとは?

吉川愛さんのプロフィール

https://twitter.com/koi_tsudu/status/1221991878750457856?s=20

名前    :吉川愛(よしかわ あい)
生年月日  :1999年10月28日
出身    :東京都
職業    :女優、タレント

吉田 里琴(よしだ りこ)として活動した後、2016年4月に一時芸能界を引退していましたが、

2017年4月から現在の芸名に改名した復帰しました。

過去の出演作について

ドラマ

愛してたって、秘密はある。- 浦西果凛 役
初めて恋をした日に読む話 – 江藤美香 役
大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜 – 田畑あつ子 役
恋はつづくよどこまでも – 酒井結華 役

映画

虹色デイズ – ヒロイン・小早川杏奈 役
十二人の死にたい子どもたち – 11番・マイ 役
ホットギミック ガールミーツボーイ – 瑠璃 役
転がるビー玉 – 主演・愛 役
のぼる小寺さん – 倉田梨乃 役

12人のしにたい子どもたちで吉川愛さん演じるマイ役とは?

マイの役柄はどんな役?

https://twitter.com/shinitai12movie/status/1092029935919591426?s=20

17歳で高校3年生・マイ(11番)。

ギャルで難しいことがわからず、周囲から浮き気味ですが、時に的を得た発言をします。

援助交際をしており、それがきっかけで口唇ヘルペスに感染してしまいます。一生治らない病気だと思い込んでおり、集いの参加を決めました。

マイの病気・口唇ヘルペスとは?

マイが感染した病気・口唇ヘルペスの症状については次のようになります。

口唇ヘルペスはくちびるやその周囲に小さな水ぶくれができます。単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで起こる病気です。

直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルや食器などを介しても感染しますので、家族間での感染が多い。

このウイルスは一度感染して免疫をもっていても、再感染や再発を繰り返すことが特徴で、大人に見られる口唇ヘルペスのほとんどは再発で、年に1~2回程度再発する場合が多いようです。

援助交際によって口唇ヘルペスに感染した、マイですが、病気自体は、

年に1〜2回程度再発する程度で、うまく付き合っていけば、自殺をするほどの病気ではないようです。

12人のしにたい子どもたちのマイ役(11番)吉川愛さんの演技力評価は?

子役時代から活躍してきた吉川さんは、役者歴も長いことから、現場では「頼れる存在」だったそう。

『十二人の死にたい子どもたち』の公式サイトにて、本作の監督・堤幸彦は吉川さんに対してこのようなコメントを挙げています。

「コメディリリーフもできる、頼れる存在」

若手も多い『十二人の死にたい子どもたち』の現場では頼れる存在で、安定した演技力も魅力の一つということですね!

また子役時代からの演技力については、定評もあり、演技力については文句なしといった意見が多かったようです。

まとめ

・12人のしにたい子どもたちのマイ役(11番)吉川愛さんは子役から活躍しており、2017年に芸能界に復帰した
・演技力の評価も高く、『十二人の死にたい子どもたち』の現場では頼れる存在だった

今回のギャル役も見事に演じていた吉川愛さん。今後の活躍にも期待したいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました